地経学ブリーフィング

地経学ブリーフィング

地経学研究所(IOG)に所属する研究者を中心に、国家の地政学的目的を実現するための経済的側面に焦点を当てつつ、グローバルな動向や地経学的リスク、その背景にある技術や産業構造などを分析し、日本の国益と戦略に資する議論や見解を配信していきます。(編集長:鈴木一人 地経学研究所長、東京大学公共政策大学院教授)。

新着情報


PICK UP

特集一覧

地経学ブリーフィングとは
『地経学ブリーフィング』は、国際文化会館(IHJ)とアジア・パシフィック・イニシアティブ(API)が統合して設立された「地経学研究所(IOG)」に所属する研究者を中心に、IOGで進める研究の成果を踏まえ、国家の地政学的目的を実現するための経済的側面に焦点を当てつつ、グローバルな動向や地経学的リスク、その背景にある技術や産業構造などを分析し、日本の国益と戦略に資する議論や見解を配信していきます。(編集長:鈴木一人 地経学研究所長、東京大学公共政策大学院教授)。

アーカイブス

イスラエル・ハマス紛争の背景と国際安全保障秩序への影響(地経学ブリーフィング・溝渕正季)

国際安全保障秩序と「3つの戦域」の連動性2024年の変化と見通し(地経学ブリーフィング・神保謙)

経済安全保障協力の深化に向け、日本が直面する米国とのずれ(地経学ブリーフィング・富樫真理子)

日本企業は「トランプ2.0」への備えができているか?(地経学ブリーフィング・山田哲司)

「もしもトランプ」に備えた東アジア諸国の同盟政策(地経学ブリーフィング・小木洋人)

選挙プロパガンダ2024(地経学ブリーフィング・相良祥之)

世界史を動かすアメリカ大統領選挙(地経学ブリーフィング・細谷雄一)

2023経済安全保障100社アンケート暫定速報(地経学ブリーフィング・鈴木均)

ヘリコプター操縦士は無人機に取って代わられるか(地経学ブリーフィング・吉田規祥)

イスラエル・ハマス戦争とアメリカの中東戦略(地経学ブリーフィング・松田拓也)

ハマス・イスラエル紛争「人道的休止」とは何だったのか(地経学ブリーフィング・相良祥之)

イスラエル=ハマス戦争に動揺するヨーロッパ(地経学ブリーフィング・細谷雄一)

反撃能力保有に向けた2つの課題(地経学ブリーフィング・吉田規祥)

中国の国際戦略(地経学ブリーフィング・江藤名保子)

中国、ロシア、北朝鮮-「反米トライアングル」のゆくえ(地経学ブリーフィング・堀田幸裕)

「攻め」と「守り」の中国外交にどう向きあうか(地経学ブリーフィング・町田穂高)

ドイツの対中戦略を読む(地経学ブリーフィング・板橋拓己)

EVはいつから経済安全保障関連規制案の対象分野に入ったのか(地経学ブリーフィング・鈴木均)

EUは戦略的自律を高めることができるのか(地経学ブリーフィング・山田哲司)

地経学的変動に揺らぐEU(地経学ブリーフィング・鈴木一人)

科学技術を通じた「メタ・パワー」獲得目指す中国(土屋貴裕・地経学ブリーフィング)

アメリカにパワーをもたらす技術と「想像力」(齊藤孝祐・地経学ブリーフィング)

「衛星コンステレーション」がもたらす新たな価値(梅田耕太・地経学ブリーフィング)

「生成AI」は国際政治におけるパワーとなるのか(塩野誠・地経学ブリーフィング)

大量破壊兵器から命守る「センシング」日本の実力(相良祥之・地経学ブリーフィング)

「領域横断作戦時代」の防衛装備・技術協力のあり方(井上麟太郎・地経学ブリーフィング)

日英伊による次世代戦闘機共同開発「GCAP」の意義(尾上定正・地経学ブリーフィング)

日本の安全保障政策の新たな手段「OSA」とは何か(小木洋人・地経学ブリーフィング)

国家安全保障をめぐる依存・自律・連携の装備戦略(神保謙・地経学ブリーフィング)

ウクライナ支援はアジアに悪影響をおよぼすのか(鶴岡路人・地経学ブリーフィング)

ウクライナが求める「平和の公式」という停戦条件(東野篤子・地経学ブリーフィング)

「反戦」の弱い指導者から「領土解放戦争」の象徴へ(保坂三四郎・地経学ブリーフィング)

ウクライナの反転攻勢は戦勝へとつながるか(細谷雄一・地経学ブリーフィング)

激化する国際社会における「正しさ」をめぐる争い(江藤名保子・地経学ブリーフィング)

自由と民主主義、国際連携を重視する尹政権外交(西野純也・地経学ブリーフィング)

国際・地域秩序の構築におけるASEANの重要性(古賀慶・地経学ブリーフィング)

中国の「人類運命共同体」構想にどう向き合うか(町田穂高・地経学ブリーフィング)

広島サミット影の主役・中国が描く国際秩序とは(江藤名保子・地経学ブリーフィング)

広島から核の国際秩序再構築に向けた行動を(尾上定正)

日本は「G7の結束」を強化することができるのか(細谷雄一)

経済安全保障の共同防衛体としてのG7の重要性(鈴木一人)

ロシアによる核恫喝を拒否するために必要なこと(小木洋人)

動揺する国際安全保障秩序の再建に必要なこと(尾上定正)

ウクライナ戦争が今後の国際秩序を規定する理由(神保謙)

アメリカに「G7」の価値再発見が求められる理由(ディクソン藤田茉里奈)

EUの「ウクライナ支援」継続に立ちはだかる課題(石川雄介)

日本はG7サミットで今まで何に貢献してきたか(鈴木均)

日本はG7&グローバルサウスとどう向き合うか(細谷雄一)

中国・習政権が袋小路に入りつつあるという懸念(柯隆)

米国の対中半導体輸出規制強化がもたらした衝撃(徳地立人)

中国の「自国産業保護」、日本が向き合う5大課題(町田穂高)

中国の「経済安全保障」何をどう備えているのか(江藤名保子)

「日本の経済安全保障」主要100社が答えた実状(鈴木均)

アメリカと中国「医薬品・バイオ」巡る攻防の本質(相良祥之)

米中の半導体戦争が過去の日米競争と次元違う訳(ポール・ネドー)

アメリカの経済安全保障政策に見える2つの課題(山田哲司)

アメリカと中国「半導体めぐる強烈な対立」の重み(鈴木一人)

「防衛3文書」対中劣勢で打つ拒否・競争戦略の本質(神保謙)

日本が安全保障力を着実に高める為の5つの方策(髙見澤將林)

ロシア軍の苦戦が映す先進技術「実装」の重い威力(車田秀一)

日本の防衛「中国の2つのジレンマ」に有効な戦略(小木洋人)

日本の安全保障「現実に即した転換」が急がれる訳(尾上定正)

ポーランドとハンガリーの反発に映るEUの揺らぎ(石川雄介)

イギリス政治を大混乱に陥れている大衆迎合の罠(細谷雄一)

ロシア・ウクライナ戦争が日本に及ぼす最大影響(小木洋人)

ロシア進出の自動車会社が面した2大リスクの罠(鈴木均)

「太平洋島嶼国めぐる米中競争」日本の向き合い方(車田秀一)

アメリカと中国が台湾巡り正当性ぶつけ合う意味(江藤名保子)

中国の台湾政策に行き詰まりが見えて仕方ない訳(山口信治)

ペロシの台湾訪問が中国を「やりにくく」させた訳(小笠原欣幸)

日本が「中国と台湾の緊張関係」から学ぶべきこと(黄偉修)

ロシアへの経済制裁は一体どの程度効いているか(鈴木一人)

ウクライナ戦争が古典的な戦いになった3つの訳(小泉悠)

ロシア・ウクライナ戦争が世界に刻みつけた教訓(佐藤丙午)

「戦場と民間の接近」ウクライナ侵攻が示した側面(齊藤孝祐)

日本の対中戦略に軍事の視点が決定的に欠ける訳(尾上定正)

日本は「ハイブリッド戦争」の脅威に備えているか(松原実穂子)

日本に「地経学」の戦略がますます求められる理由(細谷雄一)

「日本の経済安全保障」米国との連携が不可欠な訳(神保謙)

安倍元首相が日本を地経学の中に位置づけた意味(鈴木一人)

ロシア・ウクライナ戦争後、日本が果たすべき役割(神保謙・鈴木一人・細谷雄一)

ロシアを抑止できなかった根因と経済制裁の限界(神保謙・鈴木一人・細谷雄一)

「世界秩序」ロシア・ウクライナ戦争で揺らぐ根幹(神保謙・鈴木一人・細谷雄一)

日本と中国「正常化」という永続的プロセスの本質(船橋洋一)

日本の対中戦略がこれまで不在だった3つの理由(細谷雄一)

日本と中国「経済安全保障」の概念が台頭した事情(鈴木一人)

日米「核の傘」強化と中国へ核軍縮を促す重大背景(神保謙)

日本に中国の影響力工作が及ばなくなった理由(井上正也)

日中の「国交」を50周年で捉えると本質を見誤る訳(岡本隆司)

中国の金融パワー確保に立ちはだかる数々の難題(岡嵜久実子)

中国の市場化改革「最終段階」における重要な課題(梶谷懐)

グローバル化する尖閣問題にどう対処するか(益尾知佐子)

中国が「対台湾武力行使」を簡単には起こせない訳(松田康博)

中国の「やられたらやり返す」戦狼外交が抱く難問 (城山英巳)

中国の民主主義と人権の「認知戦」に要警戒なワケ(江藤名保子)

中国が少数民族に抑圧的な政策を採る構造的要因(平野聡)

中国が抱える「感染爆発の香港」という大きな難題(倉田徹)

日本と中国の間に不可欠な「普遍的価値」めぐる対話(及川淳子)

中国から見たアメリカとの「新型大国関係」と挫折(川島真)

日本と中国の不安定な関係を招いている根本構造(阿南友亮)

中国が「極端な貧富の差」の中で山ほど抱える難題(阿古智子)

北京五輪の中国「ゼロコロナ政策」終わりの始まり(相良祥之)

「安倍官邸の功罪に学ぶ岸田官邸」が内包する課題(中北浩爾)

岸田政権が掲げる「新時代リアリズム外交」の意味(細谷雄一)

日本の経済安全保障「防衛産業」の議論が欠ける訳(尾上定正)

日本の経済安全保障「金融」巡る重要な3つの観点(大矢伸)

日本のサイバー防衛が心もとなさすぎる3つの訳(村井純)

日本の主要100社が答えた「経済安全保障」の本音(富樫真理子)

日本人の健康を守り切る為に求めたい6つの提言 (相良祥之)

日本のエネルギー安全保障に絶対欠かせない論点(柴田なるみ)

日本の経済安全保障「軍事領域」で押さえたい要点 (神保謙)

日本の経済安全保障に多層的視点が欠かせない訳(細谷雄一)

日本の「経済安全保障」絶対押さえておきたい論点(鈴木一人)

「脱炭素」太陽光・風力ではどうにもならない現実(三宅孝之)

中国が「世界の脱炭素」の鍵を握る存在となった訳(柴田なるみ)

アメリカの対中貿易政策に手詰まり感が見える訳(大矢伸)

米英豪の新たな安全保障連携に見た可能性と矛盾(鶴岡路人)

米英豪の協力強化が中国との新冷戦を象徴する訳(尾上定正)

アフガン撤退後の日米同盟に求められる重い役割(神保謙)

日本とイギリスが米軍アフガン撤退後に担う役割(細谷雄一)

中国がタリバンに見せる「友好姿勢」に透ける意図(山口信治)

日米はタリバン支配のアフガンにどう対峙するか(鈴木一人)

「米国のアフガン撤退」で日本に求められる役割(尾上定正)

日本に眠る「現預金1056兆円」が宝の持ち腐れな訳(向山淳)

ポストコロナ、日本の成長に絶対外せない命題(櫻井眞)

深まる米中対立「ウォール街」が直面している難題(大矢伸)

「滴滴出行」の株価暴落に映る米中金融摩擦の行方(徳地立人)

大抵の人が知らない「サイバー攻撃」驚愕の新事情(神保謙)

デジタル庁の成否「民間人登用」が重大な鍵握る訳(向山淳)

デジタル庁が失敗しないために必要な3つの視点(馬田隆明)

デジタル庁が担う「デジタル敗戦」からの抜本脱却(村井純)

ワクチン接種でも泥縄式に終始する日本の大雑把(鈴木一人)

日本と米国「ワクチン開発力」広がった根本的要因(浦島充佳)

東アジア「ここへ来てコロナ感染急増」に映る難題(相良祥之)

日本に「炭素税」の導入が求められる合理的な理由(大矢伸)

日本と台湾「52年ぶりの出来事」に映る有事の備え(井上正也)

台湾有事に備え「日本の曖昧性」放置できない事情 (寺岡亜由美)

台湾TSMCへの高性能半導体依存が益々強まる事情(川上桃子)

台湾に中国が侵攻する最悪事態の想定が必要な訳(尾上定正)

日本のワクチン政策に求む安全保障という視点(鈴木一人)

日本に「ワクチン供給網強化」が何より必要な訳(相良祥之)

日本が国際的な敗者にならない為に必要なこと(船橋洋一・細谷雄一・神保謙)

日本の対米・対中戦略に一体何が求められるか(船橋洋一・細谷雄一・神保謙)

分断する世界で日本に求められる役割とは何か(船橋洋一・細谷雄一・神保謙)

漁民を海洋問題に投じる中国にどう対応するか(益尾知佐子)

尖閣防衛、日本の「切れ目」狙う中国に警戒せよ(大矢伸)

中国海警法は日本の海洋秩序をどう変えるのか(武居智久)

日本は尖閣諸島周辺で中国海警にどう備えるか(鶴田順)

日本の自衛隊「最悪の事態」の備えが不可欠な訳(尾上定正)

危機の学びを途切れさせない「結び目」としての検証(相良祥之・向山淳・柴田なるみ)

コロナと原発、日本の「危機管理」に通じる弱点(鈴木一人)

第2の同盟「日豪」協調がますます求められる訳(船橋洋一)

日豪がインド太平洋地域の核として重責担う訳(細谷雄一)

日豪米の協力強化が一段と求められている事情(大矢伸)

日本も無関係じゃない「中豪関係悪化」の波紋(寺田貴)

日本人が知らない太平洋の海底めぐる深い事情(村井純)

コロナから「移動の自由」を取り戻す為に必要なこと(相良祥之)

コロナワクチンで遅れる日本に求められる知恵(鈴木康裕)

世界が中国への「貿易依存」を脱するための知恵(大矢伸)

バイデン政権にアジア政策転換が求められる訳(船橋洋一)

日本にインド太平洋地域で求められる重い役割(細谷雄一)

東アジアと欧米、コロナで明暗分けた決定要素(阿部圭史)

アント上場延期に見た中国政府の強烈な危機感(徳地立人)

日本はバイデン政権とどう付き合ったらいいか(大矢伸)

日本のデジタル敗戦の挽回に必要な3つの視点(向山淳)

日本がデータ活用大国になるための3つの視点(向山淳)

日本が「デジタル敗戦」から脱するのに必要な策(向山淳)

日本人は宇宙の国家的な重要性をわかってない(尾上定正)

アメリカの中国への相互主義に危うさも潜む訳(大矢伸)

中国が「原子力はクリーン」と推進しまくる事情(柴田なるみ)

中国「紆余曲折の改革」がまだ途絶えていない訳(徳地立人)

中国経済の近未来を決定づける「双循環」の行方(大矢伸)

インターネット「海底の動脈」の知られざる全容(村井純)

日本がこの先に陥ってはならない「日米中の罠」(船橋洋一)

アメリカのアジア政策が85年前を想起させる訳(細谷雄一)

日本が中国の影響工作に警戒せねばならない訳(大矢伸)

アメリカの「中国人留学生外し」が示す深い確執(寺岡亜由美)

日本の原発の「是非」今こそ議論の必要がある訳(柴田なるみ)

コロナに勝つ国と負ける国を分ける決定的要因(向山淳)

台頭する中国に日本と英国の連携が鍵となる訳(越野結花)

コロナで閉じた国境の「再開放」望ましい処方箋(相良祥之)

世界が中国の「経済的恫喝」に屈しない為の知恵(大矢伸)

香港でなお続く騒乱が訴えるアジアに迫る危機(宮川眞喜雄)

ポストコロナ「日本の対中投資戦略を再考せよ」(徳地立人)

コロナ後の日本「東京一極集中」が抱えるリスク(磯部晃一)

ポストコロナ「日米同盟に見えた大きな課題」(尾上定正)

「米中競争の軸が『経済から政治へ』と移った理由」(加藤洋一)

ポストコロナ「インターネットがカギ握る理由」(村井純)

ポストコロナ「日本は必死で学ぶ必要がある」(船橋洋一・細谷雄一)

ポストコロナ「世界経済は根本的に変質する」(船橋洋一・細谷雄一)

「ポストコロナ」米中いずれも勝者になれない訳(船橋洋一・細谷雄一)

ポストコロナ「日本特殊論」との決別が必要な訳(船橋洋一・細谷雄一)