より良い提言を日本と世界のために発信する、独立系シンクタンク
MENU
プロジェクト

プロジェクト概要

日本は、第2次世界大戦後70年以上にわたり続いてきた、米国主導の「自由で開かれた国際秩序(Liberal International Order: LIO)」の恩恵を、最も受けてきた国の一つと言えるでしょう。

米国との同盟体制に支えられた安全保障、自由貿易の推進を支えたGATT(貿易と関税に関する一般協定(General Agreement on Tariffs and Trade)、民主主義・人権を中心とする価値体系なくしては、東アジアの平和と安全は保たれなかったでしょう。これらがあったからこそ、日本や韓国、さらに中国さえも、経済的に繁栄することができたのです。そして日本は、国際機関への関与も通じ、民主的かつ非軍事的な大国となることができました。つまり、「自由で開かれた国際秩序(LIO)」は、日本の国益と繁栄の戦略的土台と言えましょう。

しかしながら、現在、そうした戦後の国際秩序の土台が、世界中で危機に直面しています。アジア太平洋地域の民主主義の後退もその例外ではありません。中国は、国家主導型資本主義により、米国が主導してきた制度およびイデオロギーに挑戦しつつあります。一方で、肝心の米国も、特にアジア太平洋地域において、LIOを維持し発展させる意思と能力を欠くようになってきました。急速な技術の発展とグローバリゼーションが、LIOに大きな課題を突き付けています。

このような情勢の下、アジア太平洋地域でLIOを守るためには、日本が、より主導的な役割を果たしていく必要性が高まっています。当プロジェクトは、日本がこの地域でLIOを維持・発展させるために、国内のガバナンス、憲法改正、メディアの役割、国際的枠組みへの貢献といった分野で、どのような挑戦や制約を乗り越えていかねばならないか示すとともに、何をしなければならないかについて提言することを目指しています。

アジア太平洋地域における日本の役割に焦点を当てた第1ステージの完了を受け、今後は第2ステージとして、コロナ後の世界でLIOを護持するために、日本と欧州がどう協力できるかを分析する予定です。

報告書

 

当プロジェクトの研究の成果として、2020年2月にBrookings Institution Pressより『The Crisis of Liberal Internationalism: Japan and the World Order』を出版し、本書の日本語版として、2020年8月に東洋経済新報社より『自由主義の危機』を出版しました。本書は、日本の外交政策と統治様式という2つの主要部分で構成されています。前半では、多国間貿易の促進や、北朝鮮の核の脅威、中国の興隆など幅広い国際問題について、そして、後半では、国内におけるポピュリズムやジャーナリズムといった課題についても掘り下げて考察を加えています。本書を編纂するにあたり、幅広い学問分野における数多くの研究者や専門家の方々のご協力を賜りました。このことにより、政策立案者及び一般の読者にも等しく読み応えのある一冊となっています。

『自由主義の危機』

編者:船橋洋一、ジョン・アイケンベリー
出版社:東洋経済新報社
初版(日本語版):2020年8月6日
ISBN: 9784492444580

東洋経済新報社

Amazon

 

執筆者(肩書は執筆当時のもの)

アダム・リッフ
Adam P. Liff(アダム・リッフ)
インディアナ大学 国際学大学院大学(SGIS) アシスタント・プロフェッサー

専門分野:国際安全保障、東アジア諸国間の政治・安保関係、日米中の対外政策、日米同盟など。
米プリンストン大学大学院にて政治学科博士号(Ph.D.) 、修士号(M.A.)を取得。米スタンフォード大学東アジア研究学部、心理学部にて学士号(B.A)を取得。戦略国際問題研究所(CSIS)日本部、非常勤研究員。ハーバード大学ライシャワー日本研究所・フェアバンク中国研究センターアソシエイト・イン・リサーチ。

ミレヤ・ソリス
Mireya Solís(ミレヤ・ソリス)
ブルッキングス研究所 東アジア政策研究センター 共同所長兼上級研究員・日本部長

専門分野:日本の対外経済政策、国際政治経済学、東アジアの地域統合、貿易政策。
メキシコのエル・コレヒオ・デ・メヒコ国際関係学部卒業(1989年)。ハーバード大学政治学博士号(1998年)と東アジア研究修士号(1991年)取得。エル・コレヒオ・デ・メヒコ客員教授(1997年-1999年)、日墨FTAに関するメキシコ経済省のアドバイサー(1999年)。米ブランダイス大学助教授(1999年-2003年)、アメリカン大学国際サービス学部助教授(2003年-2008年)、同准教授(2008年-2014年)。2012年よりブルッキングス研究所東アジア政策研究センター上席研究員。最新の著書に2018年大平正芳記念賞を受賞した『Dilemmas of a Trading Nation』(Brookings Institution Press, 2017)がある。

フィリップ・リプシー
Phillip Y. Lipscy(フィリップ・リプシー)
スタンフォード大学政治学部 助教授
スタンフォード大学 ショーレンスタイン・アジア太平洋研究所センター フェロー

専門分野:日本政治、国際関係、国際機関。
スタンフォード大学経済学部・政治学部卒業。同大学院国際政策研究修士課程終了後、ハーバード大学よりPh.D.(政治学)を取得。RAND研究所サマーフェロー、戦略国際問題研究所(CSIS)ジャパンポリシーフェロー、マンスフィールド財団日米次世代を担うネットワークに参加。現在スタンフォード大学政治学部教授、ショーレンスタイン・アジア太平洋研究所センターフェロー。著書に『Renegotiating the World Order: Institutional Change in International Relations』(Cambridge University Press, 2017)などがある。

市原麻衣子
市原 麻衣子(いちはら まいこ)
一橋大学大学院法学研究科 及び国際・公共政策大学院 准教授 

専専門分野:国際政治学、日本外交、民主化支援。
1999年獨協大学外国語学部英語学科卒業。上智大学大学院外国語学研究科国際関係論修士課程およびコロンビア大学(Columbia University)大学院政治学研究科修士課程修了後、2012年にジョージ・ワシントン大学(George Washington University)大学院政治学研究科博士課程修了。カーネギー国際平和財団(Carnegie Endowment for International Peace)の「Rising Democracies Network」プロジェクトメンバー(2013年~現在)。主な著書に『Japan’s International Democracy Assistance as Soft Power: Neoclassical Realist Analysis』(Routledge, 2017)などがある。

秋山信将
秋山 信将(あきやま のぶまさ)
在ウィーン国際機関日本政府代表部 公使参事官

専門分野:軍備管理・軍縮、紛争予防・平和構築、エネルギー安全保障など。 一橋大学法学部卒業(1990年)、コーネル大学公共政策研究所行政学修士課程修了(1994年)、オックスフォード大学セントアントニーズカレッジ入学政治学博士課程博士候補(1993年)。 国際研修交流協会(ACT)研究員(1990年~1994年)、ACT主任研究員(1995~1998年) 広島市立大学広島平和研究所助手(1998年~2001年)、広島平和研究所講師(2001年~2004年)、 日本国際問題研究所 軍縮・不拡散促進センター研究員(2004年)、同主任研究員(2005年-2007年)、一橋大学大学院法学研究科准教授、同国際・公共政策研究部准教授(2007年-2012年)を経て同教授(20012年-2016年)。2016年より現職。

塩崎彰久
塩崎 彰久(しおざき あきひさ)
長島・大野・常松事務所 パートナー弁護士

専門分野:コーポレートガバナンス、危機管理・不祥事対応など。
東京大学法学部卒(1999年)。スタンフォード大学大学院国際政策科修士取得(2000年)。ペンシルバニア大学ウォートン校MBA課程修了(2010年)。第一東京弁護士会・民事介入暴力対策委員会副委員長、一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ監事(2012年-)。福島原発事故独立検証委員会ワーキンググループメンバー。経済産業省・新事業創出支援者会議委員(2013年-)。The Asia Lawyerなど四誌がアジア全域を対象として選出するAsia Legal AwardsにてCompliance / Investigations Lawyer of the Year 2017を受賞(2017年)。共著「日本最悪のシナリオ~9つの死角」(2013)。共著「民主党政権失敗の検証」(2013)などがある。

ヒジノ ケン・ビクター・レオナード
Ken Victor Leonard Hijino(ヒジノ ケン・ビクター・レオナード)
京都大学大学院 法学研究科 准教授

専門分野:比較政治制度論、政党組織論、地方政治・自治の比較、 社会システムの制度。
米ウェズリアン大学歴史学部・東アジア研究学部卒業(2000年)。英フィナンシャル・タイムズ東京支局特派員(2000年-2003年)の後、英国ケンブリッジ大学大学院東洋学部東アジア研究科日本研究科博士課程を修了(2009年)。慶応義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科准教授(2011年-2014年)、を経て2014年より現職。著書に『Local Politics and National Policy: Multilevel Conflicts in Japan and Beyond』(Routledge, 2017年)などがある。

トーマス・バーガー
Thomas Berger(トーマス・バーガー)
ボストン大学 国際関係学部 教授

専門分野:国際関係論、ドイツと日本の安全保障政策、政治文化論。
コネチカット州生まれ。コロンビア大学政治学部卒業(1982年)、マサチューセッツ工科大学にて政治学博士号取得(1992年)。2018年ボストン大学アジア研究センター所長に着任。ジョンズ・ホプキンス大学政治学部助教授(1994年-2000年)、2001年より現職。著書に、『War, Guilt, and World Politics after World War II』 (Cambridge University Press, 2012)、『Cultures of Antimilitarism: National Security in Germany and Japan』 (Johns Hopkins University Press, 1998)などがある。共編者として『 Japan in International Politics: The Foreign Policies of an Adaptive State』(Lynne Rienner, 2007)。記事やエッセイはInternational Security, Review of International Studies, German Politics and World Affairs Quarterly等、数多くの雑誌やで見ることができる。

ケネス・盛・マッケルウェイン
ケネス・盛・マッケルウェイン(ケネス もり)
東京大学社会科学研究所 准教授

専門分野:比較政治制度、政党政治、憲法の制定・改正
1977年生まれ、アイランド出身。米プリンストン大学卒業(1999年)。スタンフォード大学大学院政治学博士課程修了(1999年-2005年)、ハーバード大学日米関係プログラム研究員(2005年-2006年)、欧州大学院及び中央大学の客員フェロー(2011年-2012年)の後、ミシガン大学准教授(2008年-2015年)。2015年から現職。東京大学卓越研究員(2016年度)。日本の政治に関する数多くの書籍の編纂に貢献している。

林香里
林 香里(はやし かおり)
東京大学大学院 情報学環 教授

専門分野: ジャーナリズム・マスメディア研究。
1963年名古屋市生まれ。ロイター通信東京支局記者(1988年-1991年)、東京大学社会情報研究所助手、ドイツ、バンベルク大学客員研究員(1993年-1996年)を経て、2009年より現職。ドイツ日本研究所顧問、BPO 放送倫理・番組向上機構「放送と人権等権利に関する委員会(放送人権委員会)」委員などを歴任。2016年4月から2017年3月まで、ノースウェスタン大学、ロンドン大学、ベルリン自由大学客員研究員(安倍フェローシップ)。著書に『<オンナ・コドモ>のジャーナリズム ケアの倫理とともに』岩波書店、2011年(第4回内川芳美記念マス・コミュニケーション学会賞受賞)、『メディア不信 何が問われているのか』岩波新書、2017年、などがある。ホームページ http://www.hayashik.iii.u-tokyo.ac.jp/

 

編集者

船橋 洋一
船橋 洋一(ふなばし よういち)
アジア・パシフィック・イニシアティブ 理事長

元朝日新聞社主筆(2007~2010年)であり、多くの著作で数々の受賞歴を持つ日本人ジャーナリスト。アジア太平洋地域の外交、日米同盟、北東アジアの地政学・地経学、歴史問題について幅広く執筆。朝日新聞北京特派員(1980~1981年)、ワシントン特派員(1984~1987年)、アメリカ総局長(1993~1997年)を歴任。著書として『21世紀 地政学入門』(文春新書、2016年)、『シンクタンクとは何か』(中公新書、2019年)、『地経学とは何か』(文春新書、2020年)など多数。

ジョン・アイケンベリー
G. John Ikenberry(ジョン・アイケンベリー)
プリンストン大学 ウッドロー・ウィルソン公共政策大学院 教授

自由で開かれた国際秩序に関する世界有数の専門家。Liberal Leviathan: The Origins, Crisis, and Transformation of the American World Order(Princeton University Press, 2011)をはじめとした7冊の著書がある。著書After Victory : Institutions, Strategic Restraint, and the Rebuilding of Order after Major Wars(Princeton University Press, 2001、鈴木康雄訳『アフター・ヴィクトリー 戦後構築の論理と行動』NTT出版、2004年)は、アメリカ政治学会が世界史および国際政治の最優秀著作を選出する、Schroeder-Jervis賞(アメリカ政治学会世界史国際政治部門)を受賞(2002年)。

 
印刷