インターンシップ

<APIでのインターンを検討中の皆様へ>

アジア・パシフィック・イニシアティブでは、年間を通じて学生インターン(大学生・大学院生)の受け入れを行っています。

実際のプロジェクトに入っていただき、リサーチ、書籍の編集業務、イベントの企画・運営、その他関連する事務のサポート業務などに携わっていただきます。第一線で活躍される研究者、実務家、メディアの方々などともご一緒にプロジェクトを作り上げていきます。繁忙期にはかなり忙しくなりますので、やる気のある方、プロアクティブな方、時事問題にご関心のある方のご応募をお待ちしています!

過去の受け入れ先 (50音順)
慶應義塾大学、上智大学、中央大学、東京外国語大学、東京大学、東北大学、一橋大学、明治大学、立教大学、早稲田大学、海外(アメリカ、イギリス、シンガポール)他多数

インターン体験記はこちら

現在募集しているプロジェクト

現在は、以下のプロジェクトについて、インターンを募集しています。翌年4月から開始という条件での応募でも構いません。積極的な応募をお待ちしています。
なお、非公開プロジェクトなど下記以外のプロジェクトでも募集を行っている場合もあります。また、現在募集を行っていないプロジェクトでも将来募集を行う場合があります。下記以外のプロジェクトにご関心のある方、プロジェクトを問わずシンクタンクでのインターンに関心のある方、将来募集を行う場合に向けてインターン候補生として登録しておきたい方なども、ご応募ください。

募集要項

主な業務内容

  • 政治、外交・安全保障、国際関係論、経済など時事問題に関する公開情報(書籍、論文、新聞報道等)の収集・とりまとめ・抄訳作成
  • 論文執筆その他リサーチ活動をサポートする上での、関連データ収集、トレンド分析、資料作成、編集
  • APIが主催するセミナー、シンポジウム、その他イベントの企画・運営サポート
  • 会合やインタビューの資料整理、文字起こし(日本語・英語)、要約作成
  • ウェブサイトやFacebookの更新、その他広報資料作成のサポート

対象

  • 大学生以上
  • 国籍不問 (ビジネスレベルの日本語力は必須)
  • 英語力 (プロジェクト毎に要・不要が異なるため、詳細はお問い合わせください)
  • PCスキル(Microsoft Word, Excel使用経験)

*中国語など英語以外の外国語で文献が読める方を積極的に募集しています。

*学業や就職活動などとの両立のため、勤務の詳細は相談の上決定

*留学生の場合は、「資格外活動の許可」を有する者

*日本国外からのリモートでのインターンを希望する場合は、現地での労働ビザを有している者または無給インターンを希望する者

期間

6ヵ月以上(期間については応相談)

勤務時間

原則平日の9:00~17:30の間、週2日~ (実際の勤務日数・勤務時間は相談の上決定)
イベント開催時などは、場合により時間外勤務有

報酬

時給1100円~(大学院生は時給1300円~)

勤務地

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ
東京都港区赤坂2-23-1 アークヒルズフロントタワー
*新型コロナウィルス対策のため、基本的にリモートワークとしています。

採用プロセス

プライバシーポリシーにご同意頂ける方は、以下をメールで 宛にお送りください。
(*書類のフォームは問いません。なお、資料上のすべての個人情報は、選考以外の目的には利用いたしません。1次選考を通過した方についてのみ、財団からご連絡します。)
(*悪質メール対策として、メールの送信は、大学のアドレスなど、Gmailなどのフリーアドレス以外からお送りください。また、添付ファイルの送信は、PDFファイルでお願いします(ZIPファイルは受け取れません)。)

  1. インターン期間について(可能な期間と希望開始日)
  2. 履歴書(ウェブサイトをご覧いただき、興味を持たれたプロジェクトを明記してください)
  3. 志望理由にからめて、ご関心のある時事問題に対するご自身の意見を述べてください(300~500字程度)

1次選考・・・書類審査
2次選考・・・面接

お問い合わせ

まで、お気軽にお問合せください

インターン体験記

インターン生の体験記を紹介します。
(名前|インターンシップ期間|所属大学)


「知識や経験を結集して未来を紡ぐ」

石川 満留 | 2021年7月~2021年8月、2021年12月~2022年1月
米国 Wellesley College
参画プロジェクト:テクノロジーの社会実装

インターンを始めたきっかけ

大学一年で初めて受けた国際関係政治学の授業でTarah Wheeler氏による論文に出会い、国や分野ごとの境界が存在しないサイバー空間や、サイバーセキュリティにおける国際的な「安全」の定義決めと秩序を構築する難しさ、喫緊の安全保障問題について学び、日本のサイバー対策に強い関心を持ち始めました。国やプライベートセクターのサイバー攻撃の発見や規制が不十分な趨勢の中で、今後社会がどの様に効果的かつ魅力的にデータガバナンス・データ共有を行うのかなど、より深く知識をつけたいと思っていました。そのような中、APIでは国際安全保障の研究に学生がインターンとして携われることをウェブサイトで知りました。テクノロジーの社会実装プロジェクトの座長である馬田隆明先生の著書『未来を実装する』を読み、セキュリティ問題というマクロな観点から、市民参画・同意というミクロ的な分野まで幅広く研究ができることに感銘を受け、インターンに応募しました。

インターンで経験した業務

社会実装プロジェクトでは、主に日本国内のスマートシティやスーパーシティの推進体制や進捗状況などを研究しています。各都市のウェブサイトの確認や担当者へのヒアリングなどにより情報を収集し、データの活用で交通状況や市民生活を大きく改善した成功例を学ぶ一方、スマートシティ事業の窓口の統一化や透明性のある情報開示の難しさなど、実施面で見られる様々な問題点も知ることができました。また、暮らしの向上(well-being)を目指すためには、経済性や持続可能性など、重視する点が都市ごとに異なっており、それぞれの地域の置かれた状況への理解が深まりました。定期的なヒアリングの中では、著名なアーキテクトや研究者、政治家から直接お話しを伺う機会もあり、各分野からの着眼点の違いも学ぶことができ、大変勉強になりました。実際に現場で市民やスタートアップ企業と対話をしている方々のお話には説得力があり、理論では解決しきれないことに対し、どの様なアプローチを展開していくべきかについて、考えさせられました。

印象深かった出来事

最も印象深かったことは、海外でご活躍されるアーキテクトの専門家から、日本と海外のスマートシティの構造の違いを伺う機会を得たことでした。データ管理からエネルギー問題を含めた都市設計まで、様々な要素を包括的かつクリエイティブに分析しなければならないプロジェクトですが、大きなビジョンで語った時に浮き彫りになってくる問題点が国により異なることは、自分にとってとても勉強になりました。

財団で得たもの

当初から、マルチステークホルダーによる包括的なセキュリティ対策や、インクルーシブな市民社会の内実を学ぶことを目指していました。デジタル、経済、そして市民生活まで幅広い分野を包摂するのが特徴的な社会実装プロジェクトですが、まさに産官学連携を軸にした多角的な研究の最前線に立ち会うことができました。様々な分野の研究者が長年抱えてきた問題を知り、解決策を結集していくプロセスに立ち会えたことに感動し、自分は「未来を紡ぐ過程にいるのだ」とのインスピレーションを抱きました。実務面で得たもので特筆すべきものは、リサーチスキルと問題認識能力です。日々、プロジェクトマネージャーやチームに報告するために、的確かつ最新の情報を探すスキルや、問題を分析する力が大きく養われましたと感じています。

最後にひとこと

APIでのインターンは、普段アカデミアで見かける議論や問題点を、実社会ではどの様に解決しているのかについて、直に学び、体験できる機会です。プロジェクトマネージャーを初め、APIの方々に対して、この様な貴重な研究機会をくださったことに深く感謝しております。


“Learning through Helping Europe and Japan Move Forward Together”

Thomas Stables|2021年5月~
早稲田大学大学院 アジア太平洋研究科修了
参画プロジェクト:自由で開かれた国際秩序(LIO)

What made you apply for the internship opportunity at API?

In September 2019, I was given the opportunity to study in Japan on a Monbukagakusho (MEXT) scholarship, in order to undertake an MA in International Relations at Waseda Universities’ Graduate School of Asia Pacific Studies. Previously, during my undergraduate studies, I was fortunate enough to gain work experience through volunteering in the economic development department of S.K.I.P- an NGO dealing with poverty alleviation in Trujillo, Peru. I had also been fortunate enough to spend a short period gaining work experience in the UK Parliament, working for an MP. Both experiences left me feeling that many of the world’s most pressing issues are global, both in scope and in scale, and cannot be solved by one country alone.

Furthermore, my undergraduate studies in politics and international relations at the University of York had caused me to feel that the most important region for understanding and solving the world’s most pressing problems over the next century will be the Asia/Indo-Pacific region, due to its increasing centrality in international affairs. I therefore felt it important to better understand the region, alongside feeling a sense of moral duty to participate in maintaining global peace and prosperity in an increasingly volatile geopolitical climate.

In March 2021, I came across an excellent article written by Dr. Funabashi in The Japan Times and found myself wanting to know more about API, which he was representing in his piece. This led me to discover more about the foundation, its origins in seeking accountability over the handling of the 2011 Fukushima Disaster; and its various projects that have developed over time. I felt inspired to try to get involved. One aspect of API’s ethos that particularly appealed to me was API’s mission statement, which consists of three branches: “Liberalism, Innovation, and Policy Entrepreneurship”. These core values run through everything that API does, allowing the foundation to address a wide range of public and foreign policy issues through a flexible, innovative, and value-driven approach.

What were your assignments in this internship?

My core internship assignments so far have been assisting in the Liberal International Order project, alongside conducting research for Dr Funabashi’s Research Assistant.

Both assignments have brought with them engaging yet varied roles. To me, participating in both tasks have showcased the very best of API’s ability to cooperate with international partners and think originally about global affairs, despite the ongoing challenging conditions of the pandemic.

Within the Liberal International Order project, I have had the opportunity to attend meetings with and listen to experts and leaders in their respective fields across Asia and Europe. My role has largely consisted of taking down the minutes; conducting research for the project; and reviewing potential publishing options for the projects’ second volume. It has been inspiring to take part in the meetings and listen to experts in their respective fields articulate the key challenges in propagating, maintaining, and evolving the liberal international order in an increasingly unpredictable geopolitical climate.

Likewise, the opportunity I have had to work with Dr Funabashi’s Research Assistant has allowed me to conduct research across a wide range of topics: from foreign policy initiatives in the Asia Pacific; to the Fukushima Nuclear Disaster; to the effects of the pandemic on global politics. I have also occasionally had the chance to get involved in speech writing and other similar activities.

What has been your most memorable event during the internship?

For me, rather than any one single event, the most memorable part of the internship so far has been the Liberal International Order meetings. It is really inspiring to observe experts and leaders across a range of cultures and backgrounds work together in order to think about a common set of beliefs and ideas, centred around a particular pressing global issue.

What I have found so interesting about observing the meetings is how those very ideas and beliefs subsequently transform over time into a body of work that can help shape the normative and ontological context by which policymakers may potentially articulate the environment in which they make decisions; as well as what decisions are available to them. In this sense, one experiences first-hand the tangible relationship between ideas and political action, which is both fascinating to see and exciting to play a small part in.

What is your take away from your internship experience?

As we edge towards the first quartile of the 21st century, one could be forgiven for losing oneself in a sense of pessimism with regard to the anarchic nature of the international system and the perceived inability of global actors to maintain global peace, order, and stability. The concoction of pandemics; threats of conflict and violence; economic and political coercion; and ecological crisis/crises could contribute to a belief within oneself that the world is turning in on itself, and that humanity is bound to a race to the bottom.

My time at API however paints a very different picture. I will, of course, take away many important practical skills and experiences: a better understanding of how think tanks operate; gaining insight into the way in which ideas relate to and inform policymaking; critical experience in learning from and working alongside people of different cultures and backgrounds; and skills in communication and research (alongside many other things).

The thing that I will take away which I shall value the most from my internship experience however is a sense of optimism- both about the capacity of people to articulate constructive paths through complicated global issues, as well as the ability of people from different cultures and backgrounds to work together to solve problems through an innovative, yet value-driven approach. In many ways, what API represents is the notion that where there are intelligent, open-minded, and driven individuals who are passionate about maintaining peace, prosperity, and order in the Asia Pacific region, there is ample chance to make the world a better place.

Your message to future Interns

It has been said by an intern before myself, but it is the most fitting word to use to I shall steal it- inspiring!


「日米同盟の強化に携われる喜び」

井上 麟太郎|2019年2月~
慶應義塾大学大学院法学研究科
参画プロジェクト:日米軍人ステーツマン・フォーラム(MSF)API地経学研究所API国際政治論壇レビュー

インターンを始めたきっかけ

大学で国際政治を学んでいます。国際政治の理論のみならず、実務の側面も経験し、今後の研究にも活かしたいと考えていたところ、ゼミの先輩にAPIのインターンシップを紹介してもらいました。財団では、安全保障に強い興味を持っているため、日米軍人ステーツマン・フォーラム(MSF)のプロジェクトへの参加を希望し、MSFを中心に担当してきました。また、最近では、Student Researcher 1/ に選抜され、他のプロジェクトでプロジェクトマネージャー補助を任されるなど、いくつものプロジェクトを掛け持ちしています。日々、様々な勉強をさせてもらっていると思っています。
1/ 「将来シンクタンカー・研究者を目指すインターンを選抜し、研究員の指導の下で、研究員に準じた調査研究業務を実践することで、シンクタンカーとして求められるスキルを育成する」というAPIの制度

インターンで経験した業務

MSFでは、研究員の指示に基づき、オープンソースのリサーチや会議の実務的なサポートを中心に担当しています。リサーチでは、日本の防衛問題から中国の経済状況、ヨーロッパの安全保障機構など、様々なことをリサーチし、現代の国際情勢に対する理解を自分としても深めることができました。また、会議はオフレコですが、国際政治の最前線の話を伺うこともでき、大変勉強になっていると感じています。その他、LIOでは英文で出版した書籍の翻訳作業を、また、プロマネ補助を務めるAPI地経学ブリーフィングでは、編集会議の運営、著者や出版社との調整など、責任の重い仕事も任せてもらっています。

印象深かった出来事

MSFの会議サポートのために開催地のワシントンDCまで出張し、日米同盟の強化にほんの少しであるものの携わることができたことは一生忘れることができません。自衛隊と米軍のトップの方たちが、日米同盟を取り巻くさまざまなリスクに対する脅威認識をすり合わせていく議論を聞くことで、新たな気づきを得ることができました。私たちが存在を当然視している日米同盟が実は繊細であり、効果的な体制を維持していくためには、MSFのような会議を定期的に開催し、日米双方の認識の共有や意思の確認などが求められることを知りました。

財団で得たもの

インターンシップを通じて3つのものを得ることができたと感じています。まず実務能力。財団に入るまでは、ビジネスメールすら書くことができませんでしたが、ここでの経験を通じて、社会人であれば当たり前のビジネススキルを学ぶことができました。2つ目に、国際政治の理解を深めることができました。外交・安全保障政策は、何が重要で、どのように作られるのか。こうした問題を、上司の方にも色々と教わることができました。最後に、同じような志を持つ優秀な先輩や友人に恵まれたこと。大変充実した時間を過ごせていると感じています。

最後にひとこと

APIでのインターンシップは、将来国際政治や安全保障の分野で活躍したい学生にとって、これ以上にない最高の実務経験の場だと思います。


「キャンパスから飛び出して、実社会の課題を直接学ぶことができたインターンとしての経験」

田村 允|2019年7月~2021年2月
東京大学公共政策大学院|パリ政治学院公共政策大学院・シンガポール国立大学リークアンユー公共政策大学院ダブルディグリープログラム(MPP-MEA)
参画プロジェクト:テクノロジーの社会実装

インターンを始めたきっかけ

大学の学部では法律を中心に勉強していたのですが、学部での勉強をしている中で、単に法解釈についての勉強だけでなく、より政策決定や日本の社会制度について学びたいという意欲が湧いてきました。ただ大学で履修できる授業には制限もあり、なかなかやりたいことと履修できる授業が必ずしも一致していませんでした。そのような状況でたまたま手に取った日本再建イニシアティブ(アジア・パシフィック・イニシアティブの前身)の『現代日本の地政学』が興味深く、インターネットで調べてみたところ、学生インターンを積極的に募集していることがわかりました。自分の勉強にもなり、かつ社会人になってからも役に立ちそうなリサーチの基礎などを知ることができる機会は滅多にないと思い、インターンを始めることにしました。

インターンで経験した業務

業務としては、プロジェクトに関係するリサーチや、月に一回あるワーキンググループメンバーが一堂に会する会合のための準備を中心に行いました。私の関わっていた社会実装力プロジェクトは、様々な分野の方にヒアリングを行ったため、ヒアリング対象者の情報を調べたり、会合で提供する資料を整理することが多かったです。当然自分が前提知識のない分野もありますが、プロジェクトマネージャーの方やインターン生と相談しながら調査を進めることで、新しい知識を得る良いきっかけになりました。また、会議で意見を求められることもあり、自分でプロジェクトに関連した記事や本を読んだりすることが業務につながるため、自分の勉強のモチベーションにもなりました。

印象深かった出来事

月一回の会合で、各界のトップランナーの方々が今どのようなことを考えているのか、定点観測のように伺うことができたのは大変良い経験になりました。またヒアリングでも多くの識者の方のお話を伺うことができました。ただ学生生活を送っているだけでは、大学の教授の話を聞くことはあっても、官僚、政治家やスタートアップ企業の社長の方々が今日本にある課題をどのように捉えているかを知ることはなかなかできません。インターンを通して、日本の課題に直接取り組んでいる方々のお考えを伺うことができたのは、学生としては非常に貴重な経験であり、そのお話一つ一つが印象深かったです。

財団で得たもの

プロジェクトに関係する貴重な経験に加えて、プロジェクトマネージャーの方や、インターンに参加している方々との交流も財団で得た貴重な経験となりました。私は、入団前は長期間インターンをした経験もなく、慣れないことも多かったですが、プロジェクトマネージャーの方がリサーチの進め方についてアドバイスをいただいたり、色々と気にかけてくださったおかげで、仕事面でも成長することができたのではないかと思います。また、インターンの意見についてもフラットに耳を傾けてくださり、微力ながらプロジェクトに貢献できたということも嬉しかったです。インターンのメンバーでは、すでに博士課程在籍中のインターンや、全く違う専門分野のインターンもおり、お互いに相談しながら業務にあたることで、新しい視野を得ることができました。学生インターンが多く在籍しており、その中での交流が深まることも財団で得た貴重な経験の一つです。

最後にひとこと

大学生としては、なかなか体験できない貴重な経験と学びが多くあります。財団のやっているプロジェクトに興味があれば、インターンとしての毎日はとても充実したものになる思うので、おすすめです。


「『日本から見る国際政治』を経験できるインターン」

姜 基愛|2017年12月~
東京大学公共政策大学院
参画プロジェクト:日米軍人ステーツマン・フォーラム(MSF)API地経学研究所API国際政治論壇レビュー

インターンを始めたきっかけ

以前から日韓関係を含めた国際関係という分野に興味があり、学部生の頃から修士課程への進学も考えていました。大学院の説明会に行ったところ、偶然APIの元インターンの方に出会い、私が「せっかく国際政治を学びたく、日本での留学を決めたが、日本はビジネスの経験を積むインターンは多いが、国際政治や安全保障を経験できるインターンがないです。」と相談したところ、APIでのインターンを紹介していただきました。

インターンで経験した業務

現在、日米軍人ステーツマン・フォーラム(MSF)、地経学研究所、国際政治論壇レビューのプロジェクトに関わっています。共通する業務としては、リサーチや翻訳、議事録作成に携わっています。リサーチや議事録作成にあたり、どのようなソースを使用して情報を得るべきか、またどのような言葉を使い記録として残すべきかなど、今後、社会に出ても必要な基礎的なスキルを学ぶことができました。

印象深かった出来事

各プロジェクトに携わり、日本が世界をどう見ているかを毎回感じ取っていることです。普段は国際政治に関して主に韓国のメディアのみに接して来たのですが、APIのプロジェクトの中で扱われる日本の視点や、日本から見る国際政治、世界における日本の役割を考える点において、幅の広さに驚きました。財団での学びを通して、日本から見る世界をより学びたいと感じたことが、学部卒業後に日本での修士課程への進学を決めるきっかけとなりました。

財団で得たもの

財団で得たものは大きく二つあります。一つ目は「出会い」です。財団に入る前までは大学の同じサークルや同じ専攻の学生同士の交流のみでしたが、財団では多様な国籍や背景を有するインターンの方々、それからこの分野で長く勤められている上司からも直接指導していただくことができました。仕事の進め方や経験の蓄積のみならず、現在世界で起こっていることや将来をどうみるか、つまり「知的財産の蓄積と並行して、私なりの世界観をどう作るか」を、上司や他のインターンの方々から学べたことは最も貴重な経験でした。
二つ目は「国際会議がどう運営されているか」を知ることができる点です。様々な会議にインターンとして参加する機会をいただき、国際会議が実際にどう動いているかを知ることができました。このような財団での学びは、大学内では得難い、貴重な学びだと考えています。

最後にひとこと

本財団は国際政治を実務の場で経験できる数少ない場所だと思います。日本で学ぶ学生の方々、それから留学生の方々も、日本から見る世界を知る貴重な経験ができる場だと思いますので、ぜひインターンとして参加してみてください。

Gallery