intern_apinitiative

日本が「中国と台湾の緊張関係」から学ぶべきこと(黄偉修)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

日本が「中国と台湾の緊張関係」から学ぶべきこと(黄偉修) もっと読む »

ロシアへの経済制裁は一体どの程度効いているか(鈴木一人)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

ロシアへの経済制裁は一体どの程度効いているか(鈴木一人) もっと読む »

相良祥之主任研究員による東アジア高齢化と日本の技術に関する論考がForesight(フォーサイト)に掲載

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブの相良祥之主任研究員の論考「「東アジアの高齢化」に日本の「勝ち筋」技術を生かせ」が、2022年9月10日付のForesight(フォーサイト)に掲載されましたので、お知らせ …

相良祥之主任研究員による東アジア高齢化と日本の技術に関する論考がForesight(フォーサイト)に掲載 もっと読む »

ウクライナ戦争が古典的な戦いになった3つの訳(小泉悠)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

ウクライナ戦争が古典的な戦いになった3つの訳(小泉悠) もっと読む »

ロシア・ウクライナ戦争が世界に刻みつけた教訓(佐藤丙午)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

ロシア・ウクライナ戦争が世界に刻みつけた教訓(佐藤丙午) もっと読む »

「戦場と民間の接近」ウクライナ侵攻が示した側面(齊藤孝祐)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

「戦場と民間の接近」ウクライナ侵攻が示した側面(齊藤孝祐) もっと読む »

日本は中国の「地縁経済」戦略にどう対抗できるか(江藤名保子)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

日本は中国の「地縁経済」戦略にどう対抗できるか(江藤名保子) もっと読む »

日本の対中戦略に軍事の視点が決定的に欠ける訳(尾上定正)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

日本の対中戦略に軍事の視点が決定的に欠ける訳(尾上定正) もっと読む »

日本は「ハイブリッド戦争」の脅威に備えているか(松原実穂子)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

日本は「ハイブリッド戦争」の脅威に備えているか(松原実穂子) もっと読む »

安倍元首相が日本を地経学の中に位置づけた意味(鈴木一人)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

安倍元首相が日本を地経学の中に位置づけた意味(鈴木一人) もっと読む »

「世界秩序」ロシア・ウクライナ戦争で揺らぐ根幹(神保謙・鈴木一人・細谷雄一)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

「世界秩序」ロシア・ウクライナ戦争で揺らぐ根幹(神保謙・鈴木一人・細谷雄一) もっと読む »

日本と中国「正常化」という永続的プロセスの本質(船橋洋一)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

日本と中国「正常化」という永続的プロセスの本質(船橋洋一) もっと読む »

日本と中国「経済安全保障」の概念が台頭した事情(鈴木一人)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

日本と中国「経済安全保障」の概念が台頭した事情(鈴木一人) もっと読む »

日米「核の傘」強化と中国へ核軍縮を促す重大背景(神保謙)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

日米「核の傘」強化と中国へ核軍縮を促す重大背景(神保謙) もっと読む »

日本に中国の影響力工作が及ばなくなった理由(井上正也)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

日本に中国の影響力工作が及ばなくなった理由(井上正也) もっと読む »

日中の「国交」を50周年で捉えると本質を見誤る訳(岡本隆司)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

日中の「国交」を50周年で捉えると本質を見誤る訳(岡本隆司) もっと読む »

中国の金融パワー確保に立ちはだかる数々の難題(岡嵜久実子)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

中国の金融パワー確保に立ちはだかる数々の難題(岡嵜久実子) もっと読む »

中国の市場化改革「最終段階」における重要な課題(梶谷懐)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

中国の市場化改革「最終段階」における重要な課題(梶谷懐) もっと読む »

グローバル化する尖閣問題にどう対処するか(益尾知佐子)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

グローバル化する尖閣問題にどう対処するか(益尾知佐子) もっと読む »

中国が「対台湾武力行使」を簡単には起こせない訳(松田康博)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

中国が「対台湾武力行使」を簡単には起こせない訳(松田康博) もっと読む »

中国の「やられたらやり返す」戦狼外交が抱く難問 (城山英巳)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

中国の「やられたらやり返す」戦狼外交が抱く難問 (城山英巳) もっと読む »

中国の民主主義と人権の「認知戦」に要警戒なワケ(江藤名保子)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

中国の民主主義と人権の「認知戦」に要警戒なワケ(江藤名保子) もっと読む »

中国が少数民族に抑圧的な政策を採る構造的要因(平野聡)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

中国が少数民族に抑圧的な政策を採る構造的要因(平野聡) もっと読む »

日本と中国の間に不可欠な「普遍的価値」めぐる対話(及川淳子)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

日本と中国の間に不可欠な「普遍的価値」めぐる対話(及川淳子) もっと読む »

中国から見たアメリカとの「新型大国関係」と挫折(川島真)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

中国から見たアメリカとの「新型大国関係」と挫折(川島真) もっと読む »

中国が「極端な貧富の差」の中で山ほど抱える難題(阿古智子)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

中国が「極端な貧富の差」の中で山ほど抱える難題(阿古智子) もっと読む »

北京五輪の中国「ゼロコロナ政策」終わりの始まり(相良祥之)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

北京五輪の中国「ゼロコロナ政策」終わりの始まり(相良祥之) もっと読む »

「安倍官邸の功罪に学ぶ岸田官邸」が内包する課題(中北浩爾)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

「安倍官邸の功罪に学ぶ岸田官邸」が内包する課題(中北浩爾) もっと読む »

岸田政権が掲げる「新時代リアリズム外交」の意味(細谷雄一)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

岸田政権が掲げる「新時代リアリズム外交」の意味(細谷雄一) もっと読む »

日本の経済安全保障「防衛産業」の議論が欠ける訳(尾上定正)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

日本の経済安全保障「防衛産業」の議論が欠ける訳(尾上定正) もっと読む »

日本の経済安全保障「金融」巡る重要な3つの観点(大矢伸)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

日本の経済安全保障「金融」巡る重要な3つの観点(大矢伸) もっと読む »

日本のサイバー防衛が心もとなさすぎる3つの訳(村井純)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

日本のサイバー防衛が心もとなさすぎる3つの訳(村井純) もっと読む »

日本人の健康を守り切る為に求めたい6つの提言 (相良祥之)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

日本人の健康を守り切る為に求めたい6つの提言 (相良祥之) もっと読む »

日本のエネルギー安全保障に絶対欠かせない論点(柴田なるみ)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

日本のエネルギー安全保障に絶対欠かせない論点(柴田なるみ) もっと読む »

日本の経済安全保障に多層的視点が欠かせない訳(細谷雄一)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

日本の経済安全保障に多層的視点が欠かせない訳(細谷雄一) もっと読む »

日本の「経済安全保障」絶対押さえておきたい論点(鈴木一人)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

日本の「経済安全保障」絶対押さえておきたい論点(鈴木一人) もっと読む »