地経学ブリーフィング

経済安全保障協力の深化に向け、日本が直面する米国とのずれ(地経学ブリーフィング・富樫真理子)

地経学ブリーフィング No.191 2024年2月14日 連載「米大統領選挙」 経済安全保障協力の深化に向け、日本が直面する米国とのずれ 客員研究員 富樫真理子 PDF版はこちら 日本はこの数年、国家安全保障局内での経済 …

経済安全保障協力の深化に向け、日本が直面する米国とのずれ(地経学ブリーフィング・富樫真理子) もっと読む »

日本企業は「トランプ2.0」への備えができているか?(地経学ブリーフィング・山田哲司)

地経学ブリーフィング No.190 2024年2月7日 連載「米大統領選挙」 日本企業は「トランプ2.0」への備えができているか?経済安全保障政策の観点から 主任客員研究員 山田哲司 PDF版はこちら 新年を迎えて、1月 …

日本企業は「トランプ2.0」への備えができているか?(地経学ブリーフィング・山田哲司) もっと読む »

「もしもトランプ」に備えた東アジア諸国の同盟政策(地経学ブリーフィング・小木洋人)

地経学ブリーフィング No.189 2024年1月31日 「もしもトランプ」に備えた東アジア諸国の同盟政策 主任研究員 小木洋人 PDF版はこちら 東アジアにおけるアメリカの同盟国は、アメリカ大統領選を、不安を持って注視 …

「もしもトランプ」に備えた東アジア諸国の同盟政策(地経学ブリーフィング・小木洋人) もっと読む »

世界史を動かすアメリカ大統領選挙(地経学ブリーフィング・細谷雄一)

地経学ブリーフィング No.187 2024年1月19日 世界史を動かすアメリカ大統領選挙 アジア・パシフィック・イニシアティブ研究主幹 地経学研究所 欧米グループ・グループ長  細谷雄一 PDF版はこちら アメリカの民 …

世界史を動かすアメリカ大統領選挙(地経学ブリーフィング・細谷雄一) もっと読む »

2023経済安全保障100社アンケート暫定速報(地経学ブリーフィング・鈴木均)

地経学ブリーフィング No.186 2024年1月10日 2023年 経済安全保障100社アンケート暫定速報 日本企業の日米回帰、求められる国内政治の安定、中国市場での反転攻勢 地経学研究所 主任客員研究員 鈴木 均 P …

2023経済安全保障100社アンケート暫定速報(地経学ブリーフィング・鈴木均) もっと読む »

ヘリコプター操縦士は無人機に取って代わられるか(地経学ブリーフィング・吉田規祥)

地経学ブリーフィング No.185 2023年12月27日 ヘリコプター操縦士は無人機に取って代わられるか 地経学研究所 客員研究員 吉田 規祥 PDF版はこちら はじめに 2022年12月、政府は、国家防衛戦略において …

ヘリコプター操縦士は無人機に取って代わられるか(地経学ブリーフィング・吉田規祥) もっと読む »

イスラエル・ハマス戦争とアメリカの中東戦略(地経学ブリーフィング・松田拓也)

地経学ブリーフィング No.184 2023年12月20日 イスラエル・ハマス戦争とアメリカの中東戦略 東京大学先端科学技術研究センター 特任研究員 松田拓也 PDF版はこちら 10月7日のハマスによるイスラエルへの越境 …

イスラエル・ハマス戦争とアメリカの中東戦略(地経学ブリーフィング・松田拓也) もっと読む »

ハマス・イスラエル紛争「人道的休止」とは何だったのか(地経学ブリーフィング・相良祥之)

地経学ブリーフィング No.183 2023年12月13日 ハマス・イスラエル紛争「人道的休止」とは何だったのか 主任研究員 相良祥之 PDF版はこちら パレスチナの武装組織ハマスとイスラエルとの紛争が始まって2か月。イ …

ハマス・イスラエル紛争「人道的休止」とは何だったのか(地経学ブリーフィング・相良祥之) もっと読む »

イスラエル=ハマス戦争に動揺するヨーロッパ(地経学ブリーフィング・細谷雄一)

地経学ブリーフィング No.182 2023年11月29日 イスラエル=ハマス戦争に動揺するヨーロッパ アジア・パシフィック・イニシアティブ研究主幹 地経学研究所 欧米グループ・グループ長  細谷雄一 PDF版はこちら …

イスラエル=ハマス戦争に動揺するヨーロッパ(地経学ブリーフィング・細谷雄一) もっと読む »

反撃能力保有に向けた2つの課題(地経学ブリーフィング・吉田規祥)

地経学ブリーフィング No.181 2023年11月21日 反撃能力保有に向けた2つの課題 地経学研究所 客員研究員 吉田規祥 PDF版はこちら 2022年12月、政府は、「国家安全保障戦略」及び「国家防衛戦略」において …

反撃能力保有に向けた2つの課題(地経学ブリーフィング・吉田規祥) もっと読む »

中国、ロシア、北朝鮮-「反米トライアングル」のゆくえ(地経学ブリーフィング・堀田幸裕)

地経学ブリーフィング No.179 2023年11月7日 中国グループ 連載「流動化する国際情勢と中国」 ロシア、北朝鮮、中国の接近? 「反米トライアングル」のゆくえ 一般財団法人霞山会 主任研究員 堀田幸裕 PDF版は …

中国、ロシア、北朝鮮-「反米トライアングル」のゆくえ(地経学ブリーフィング・堀田幸裕) もっと読む »

「攻め」と「守り」の中国外交にどう向きあうか(地経学ブリーフィング・町田穂高)

地経学ブリーフィング No.178 2023年10月31日 中国グループ 連載「流動化する国際情勢と中国」 「攻め」と「守り」の中国外交にどう向きあうか:日本に求められる戦略的視点 地経学研究所 主任客員研究員 町田穂高 …

「攻め」と「守り」の中国外交にどう向きあうか(地経学ブリーフィング・町田穂高) もっと読む »

ドイツの対中戦略を読む(地経学ブリーフィング・板橋拓己)

地経学ブリーフィング No.177 2023年10月24日 経済安全保障グループ 連載「EUの経済安全保障」 ドイツの対中戦略を読む - 画期的だが曖昧な文書- 東京大学大学院法学政治学研究科教授 板橋拓己 PDF版はこ …

ドイツの対中戦略を読む(地経学ブリーフィング・板橋拓己) もっと読む »

EVはいつから経済安全保障関連規制案の対象分野に入ったのか(地経学ブリーフィング・鈴木均)

地経学ブリーフィング No.176 2023年10月18日 経済安全保障グループ 連載「EUの経済安全保障」 EV はいつから経済安全保障の対象分野に入ったのか ~EUの重要原材料規制案の事例~ 地経学研究所 主任客員研 …

EVはいつから経済安全保障関連規制案の対象分野に入ったのか(地経学ブリーフィング・鈴木均) もっと読む »

EUは戦略的自律を高めることができるのか(地経学ブリーフィング・山田哲司)

地経学ブリーフィング No.175 2023年10月11日 経済安全保障グループ 連載「EUの経済安全保障」 EUは戦略的自律を高めることができるのか ~欧州半導体法と反威圧措置(ACI)の視点から~ 地経学研究所 経済 …

EUは戦略的自律を高めることができるのか(地経学ブリーフィング・山田哲司) もっと読む »

地経学的変動に揺らぐEU(地経学ブリーフィング・鈴木一人)

地経学ブリーフィング No.174 2023年10月3日 経済安全保障グループ 連載「EUの経済安全保障」 地経学的変動に揺らぐEU 地経学研究所長、経済安全保障グループ・グループ長 鈴木一人 PDF版はこちら 経済安全 …

地経学的変動に揺らぐEU(地経学ブリーフィング・鈴木一人) もっと読む »

科学技術を通じた「メタ・パワー」獲得目指す中国(土屋貴裕・地経学ブリーフィング)

地経学ブリーフィング No.173 2023年9月18日 新興技術グループ 連載「技術と国際政治」 科学技術を通じた「メタ・パワー」獲得目指す中国- 「ポスト冷戦期」に激化する米中の覇権争い 京都先端科学大学准教授 土屋 …

科学技術を通じた「メタ・パワー」獲得目指す中国(土屋貴裕・地経学ブリーフィング) もっと読む »

アメリカにパワーをもたらす技術と「想像力」(齊藤孝祐・地経学ブリーフィング)

地経学ブリーフィング No.172 2023年9月11日 新興技術グループ 連載「技術と国際政治」 アメリカにパワーをもたらす技術と「想像力」 - 新興技術はいかにしてパワーになりうるのか 地経学研究所 新興技術グループ …

アメリカにパワーをもたらす技術と「想像力」(齊藤孝祐・地経学ブリーフィング) もっと読む »

「衛星コンステレーション」がもたらす新たな価値(梅田耕太・地経学ブリーフィング)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

「衛星コンステレーション」がもたらす新たな価値(梅田耕太・地経学ブリーフィング) もっと読む »

「生成AI」は国際政治におけるパワーとなるのか(塩野誠・地経学ブリーフィング)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

「生成AI」は国際政治におけるパワーとなるのか(塩野誠・地経学ブリーフィング) もっと読む »

大量破壊兵器から命守る「センシング」日本の実力(相良祥之・地経学ブリーフィング)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

大量破壊兵器から命守る「センシング」日本の実力(相良祥之・地経学ブリーフィング) もっと読む »

「領域横断作戦時代」の防衛装備・技術協力のあり方(井上麟太郎・地経学ブリーフィング)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

「領域横断作戦時代」の防衛装備・技術協力のあり方(井上麟太郎・地経学ブリーフィング) もっと読む »

日英伊による次世代戦闘機共同開発「GCAP」の意義(尾上定正・地経学ブリーフィング)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

日英伊による次世代戦闘機共同開発「GCAP」の意義(尾上定正・地経学ブリーフィング) もっと読む »

日本の安全保障政策の新たな手段「OSA」とは何か(小木洋人・地経学ブリーフィング)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

日本の安全保障政策の新たな手段「OSA」とは何か(小木洋人・地経学ブリーフィング) もっと読む »

国家安全保障をめぐる依存・自律・連携の装備戦略(神保謙・地経学ブリーフィング)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

国家安全保障をめぐる依存・自律・連携の装備戦略(神保謙・地経学ブリーフィング) もっと読む »

ウクライナ支援はアジアに悪影響をおよぼすのか(鶴岡路人・地経学ブリーフィング)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

ウクライナ支援はアジアに悪影響をおよぼすのか(鶴岡路人・地経学ブリーフィング) もっと読む »

ウクライナが求める「平和の公式」という停戦条件(東野篤子・地経学ブリーフィング)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

ウクライナが求める「平和の公式」という停戦条件(東野篤子・地経学ブリーフィング) もっと読む »

「反戦」の弱い指導者から「領土解放戦争」の象徴へ(保坂三四郎・地経学ブリーフィング)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

「反戦」の弱い指導者から「領土解放戦争」の象徴へ(保坂三四郎・地経学ブリーフィング) もっと読む »

ウクライナの反転攻勢は戦勝へとつながるか(細谷雄一・地経学ブリーフィング)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

ウクライナの反転攻勢は戦勝へとつながるか(細谷雄一・地経学ブリーフィング) もっと読む »

激化する国際社会における「正しさ」をめぐる争い(江藤名保子・地経学ブリーフィング)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

激化する国際社会における「正しさ」をめぐる争い(江藤名保子・地経学ブリーフィング) もっと読む »

自由と民主主義、国際連携を重視する尹政権外交(西野純也・地経学ブリーフィング)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

自由と民主主義、国際連携を重視する尹政権外交(西野純也・地経学ブリーフィング) もっと読む »

国際・地域秩序の構築におけるASEANの重要性(古賀慶・地経学ブリーフィング)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

国際・地域秩序の構築におけるASEANの重要性(古賀慶・地経学ブリーフィング) もっと読む »

中国の「人類運命共同体」構想にどう向き合うか(町田穂高・地経学ブリーフィング)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

中国の「人類運命共同体」構想にどう向き合うか(町田穂高・地経学ブリーフィング) もっと読む »

広島サミット影の主役・中国が描く国際秩序とは(江藤名保子・地経学ブリーフィング)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

広島サミット影の主役・中国が描く国際秩序とは(江藤名保子・地経学ブリーフィング) もっと読む »

広島から核の国際秩序再構築に向けた行動を(尾上定正)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

広島から核の国際秩序再構築に向けた行動を(尾上定正) もっと読む »

日本は「G7の結束」を強化することができるのか(細谷雄一)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

日本は「G7の結束」を強化することができるのか(細谷雄一) もっと読む »

経済安全保障の共同防衛体としてのG7の重要性(鈴木一人)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

経済安全保障の共同防衛体としてのG7の重要性(鈴木一人) もっと読む »

ロシアによる核恫喝を拒否するために必要なこと(小木洋人)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

ロシアによる核恫喝を拒否するために必要なこと(小木洋人) もっと読む »

動揺する国際安全保障秩序の再建に必要なこと(尾上定正)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

動揺する国際安全保障秩序の再建に必要なこと(尾上定正) もっと読む »

ウクライナ戦争が今後の国際秩序を規定する理由(神保謙)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

ウクライナ戦争が今後の国際秩序を規定する理由(神保謙) もっと読む »

アメリカに「G7」の価値再発見が求められる理由(ディクソン藤田茉里奈)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

アメリカに「G7」の価値再発見が求められる理由(ディクソン藤田茉里奈) もっと読む »

EUの「ウクライナ支援」継続に立ちはだかる課題(石川雄介)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

EUの「ウクライナ支援」継続に立ちはだかる課題(石川雄介) もっと読む »

日本はG7サミットで今まで何に貢献してきたか(鈴木均)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

日本はG7サミットで今まで何に貢献してきたか(鈴木均) もっと読む »

日本はG7&グローバルサウスとどう向き合うか(細谷雄一)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

日本はG7&グローバルサウスとどう向き合うか(細谷雄一) もっと読む »

中国・習政権が袋小路に入りつつあるという懸念(柯隆)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

中国・習政権が袋小路に入りつつあるという懸念(柯隆) もっと読む »

米国の対中半導体輸出規制強化がもたらした衝撃(徳地立人)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

米国の対中半導体輸出規制強化がもたらした衝撃(徳地立人) もっと読む »

中国の「自国産業保護」、日本が向き合う5大課題(町田穂高)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

中国の「自国産業保護」、日本が向き合う5大課題(町田穂高) もっと読む »

中国の「経済安全保障」何をどう備えているのか(江藤名保子)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

中国の「経済安全保障」何をどう備えているのか(江藤名保子) もっと読む »

「日本の経済安全保障」主要100社が答えた実状(鈴木均)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

「日本の経済安全保障」主要100社が答えた実状(鈴木均) もっと読む »

アメリカと中国「医薬品・バイオ」巡る攻防の本質(相良祥之)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

アメリカと中国「医薬品・バイオ」巡る攻防の本質(相良祥之) もっと読む »

米中の半導体戦争が過去の日米競争と次元違う訳(ポール・ネドー)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

米中の半導体戦争が過去の日米競争と次元違う訳(ポール・ネドー) もっと読む »

アメリカの経済安全保障政策に見える2つの課題(山田哲司)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

アメリカの経済安全保障政策に見える2つの課題(山田哲司) もっと読む »

アメリカと中国「半導体めぐる強烈な対立」の重み(鈴木一人)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

アメリカと中国「半導体めぐる強烈な対立」の重み(鈴木一人) もっと読む »

「防衛3文書」対中劣勢で打つ拒否・競争戦略の本質(神保謙)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

「防衛3文書」対中劣勢で打つ拒否・競争戦略の本質(神保謙) もっと読む »

日本が安全保障力を着実に高める為の5つの方策(髙見澤將林)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

日本が安全保障力を着実に高める為の5つの方策(髙見澤將林) もっと読む »

ロシア軍の苦戦が映す先進技術「実装」の重い威力(車田秀一)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

ロシア軍の苦戦が映す先進技術「実装」の重い威力(車田秀一) もっと読む »

日本の防衛「中国の2つのジレンマ」に有効な戦略(小木洋人)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

日本の防衛「中国の2つのジレンマ」に有効な戦略(小木洋人) もっと読む »

日本の安全保障「現実に即した転換」が急がれる訳(尾上定正)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

日本の安全保障「現実に即した転換」が急がれる訳(尾上定正) もっと読む »