論考

【解説コラム】3文書における経済安全保障(相良祥之)

相良祥之 主任研究員 2022年12月16日、岸田政権が閣議決定した3文書、なかでも国家安全保障戦略には新たに経済安全保障の観点が盛り込まれた。その主なポイントは以下のとおり。 1.経済安全保障を「我が国の平和と安全や経 …

【解説コラム】3文書における経済安全保障(相良祥之) もっと読む »

【解説コラム】防衛費増額に伴う税負担議論が説得力を持つためには(小木洋人)

小木洋人 主任研究員 2022年12月16日、戦略三文書が発表され、そのうちの一つ、防衛力整備計画は、2023年度から2027年度までの5年間の防衛力整備計画の実施に必要な経費水準を43兆円程度とし、2028年度以降も2 …

【解説コラム】防衛費増額に伴う税負担議論が説得力を持つためには(小木洋人) もっと読む »

【解説コラム】遠方阻止への戦略転換と変革途上の自衛隊:戦略三文書注目点の解説(小木洋人)

小木洋人 主任研究員 2022年12月16日、政府は、国家安全保障戦略、国家防衛戦略、防衛力整備計画のいわゆる戦略三文書を閣議決定し、防衛力の大幅強化に踏み切った。戦略文書では、中国を「最大の戦略的な挑戦」と位置付けて警 …

【解説コラム】遠方阻止への戦略転換と変革途上の自衛隊:戦略三文書注目点の解説(小木洋人) もっと読む »

【解説コラム】反撃能力保有の意義と課題(尾上定正)

尾上定正 シニアフェロー 国家安全保障戦略(新安保戦略)等において反撃能力の保有が決まった。1956 年2月 29 日に政府見解として、憲法上、「誘導弾等による攻撃を防御するのに、他に手段がないと認められる限り、誘導弾等 …

【解説コラム】反撃能力保有の意義と課題(尾上定正) もっと読む »

“認知戦”の時代に必要な若者の政治教育と政治リテラシー

(画像提供:Shutterstock) 米中対立やロシア・ウクライナ戦争など、国際社会の地政学・地経学的な緊迫が高まるとともに、SNSによる情報操作や偽情報など認知戦領域の脅威も増している。「中立性」の名の下、センシティ …

“認知戦”の時代に必要な若者の政治教育と政治リテラシー もっと読む »

対ロシア経済制裁が「勝利の方程式」になる条件(相良祥之)

(画像提供:Shutterstock) 経済制裁は相手国の政策変更に繋がってこそ意味を持つ。そのためには軍事力や外交交渉と組み合わせたメカニズム構築が重要だが、対ロシア経済制裁はここまで何が行われ、どのような効果が上がっ …

対ロシア経済制裁が「勝利の方程式」になる条件(相良祥之) もっと読む »

【福島原発事故11年】「小さな安心のために大きな安全を犠牲に」未知のリスクと向き合えない日本 第二次民間事故調・鈴木一人座長に聞く

本稿は、Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE/ヤフー株式会社にも掲載されています。 https://news.yahoo.co.jp/articles/decfef6bac3c1a3df707280b294 …

【福島原発事故11年】「小さな安心のために大きな安全を犠牲に」未知のリスクと向き合えない日本 第二次民間事故調・鈴木一人座長に聞く もっと読む »

【福島原発事故11年】「善玉」対「悪玉」の構図で描かない 民間事故調の検証「当事者はまだ伝えたいことがある」 船橋洋一API理事長に聞く

本稿は、Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE/ヤフー株式会社にも掲載されています。 https://news.yahoo.co.jp/articles/42fd6acab3958732ae05c19ed2b …

【福島原発事故11年】「善玉」対「悪玉」の構図で描かない 民間事故調の検証「当事者はまだ伝えたいことがある」 船橋洋一API理事長に聞く もっと読む »