論考

使える”セキュリティ・クリアランス法制のために積み残されている課題(新潮社フォーサイト、小木洋人)

論考 2024年2月19日 本稿は、Foresight(フォーサイト)にも掲載されています。 https://www.fsight.jp/articles/-/50431 https://www.fsight.jp/ar …

使える”セキュリティ・クリアランス法制のために積み残されている課題(新潮社フォーサイト、小木洋人) もっと読む »

米国シンクタンクの政策起業力(『シンクタンクとは何か』Web一部無料公開)

船橋洋一『シンクタンクとは何か』(中公新書、2019年)より一部転載 第2章 米国シンクタンクの政策起業力 出版社の許可を得て、APIが2019年に刊行した『シンクタンクとは何か』(船橋洋一 著)の第一章・第二章を無料公 …

米国シンクタンクの政策起業力(『シンクタンクとは何か』Web一部無料公開) もっと読む »

時代がシンクタンクを作り、シンクタンクが時代を作る(『シンクタンクとは何か』Web一部無料公開)

船橋洋一『シンクタンクとは何か』(中公新書、2019年)より一部転載 第1章 時代がシンクタンクをつくり、シンクタンクが時代をつくる 出版社の許可を得て、APIが2019年に刊行した『シンクタンクとは何か』(船橋洋一 著 …

時代がシンクタンクを作り、シンクタンクが時代を作る(『シンクタンクとは何か』Web一部無料公開) もっと読む »

米国CHIPS法のガードレール条項について(CISTECジャーナル・山田哲司)

CISTEC Journal 2023年11月号(No.208) 掲載記事 米国CHIPS法のガードレール条項について~経済と安全保障のはざまに立たされる西側半導体企業~ 地経学研究所経済安全保障グループ主任客員研究員  …

米国CHIPS法のガードレール条項について(CISTECジャーナル・山田哲司) もっと読む »

米空母打撃群中東展開に見る「抑止のための軍事活動」のジレンマ(小木洋人・新潮社フォーサイト)

新潮社フォーサイト / 2023年11月21日 米空母打撃群中東展開に見る「抑止のための軍事活動」のジレンマ 地経学研究所 主任研究員 小木洋人 PDF版はこちら 中東情勢緊迫化に対応して、米軍は2つの空母打撃群を派遣す …

米空母打撃群中東展開に見る「抑止のための軍事活動」のジレンマ(小木洋人・新潮社フォーサイト) もっと読む »

「静かなる有事」少子化にハンガリーはどう向き合っているか(新潮社フォーサイト・石川雄介)

新潮社フォーサイト 2023年9月11日 「静かなる有事」少子化にハンガリーはどう向き合っているか アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)/地経学研究所 研究員補 石川雄介 PDF版はこちら 2010年に世界最低 …

「静かなる有事」少子化にハンガリーはどう向き合っているか(新潮社フォーサイト・石川雄介) もっと読む »

【メディア】小木洋人主任研究員によるAUKUSに関する論考がForesight(フォーサイト)に掲載

アジア・パシフィック・イニシアティブの小木洋人主任研究員の論考「AUKUSの先にあるインド太平洋の有機的同盟協力(小木洋人)」が、2023年5月22日付のForesight(フォーサイト)に掲載されましたので、お知らせし …

【メディア】小木洋人主任研究員によるAUKUSに関する論考がForesight(フォーサイト)に掲載 もっと読む »

【解説コラム】セキュリティ・クリアランス制度で政府や民間が保護すべき情報とは何か(山田哲司)

山田哲司 主任客員研究員 地経学研究所では、2023年2月に「経済安全保障に関する第2回日本企業100社アンケート」の結果を発表した。この中で欧米諸国が既に導入しているセキュリティ・クリアランス制度を日本も導入すべきかと …

【解説コラム】セキュリティ・クリアランス制度で政府や民間が保護すべき情報とは何か(山田哲司) もっと読む »

【解説コラム】セキュリティ・クリアランス導入の議論に必要な三つの視点:秘密情報の範囲、実効性の確保、海外での取扱い(小木洋人)

小木洋人 主任研究員 地経学研究所が2022年末から実施した2回目となる経済安全保障に関する日本企業100社アンケートでは、近年議論になっているセキュリティ・クリアランスについての項目を設け、当該制度の適用がないことによ …

【解説コラム】セキュリティ・クリアランス導入の議論に必要な三つの視点:秘密情報の範囲、実効性の確保、海外での取扱い(小木洋人) もっと読む »

ウクライナの内なる戦い「汚職対策」の現在:限定的な反汚職政策から「摘発」へ

(画像提供:Shutterstock) ティモシェンコ大統領府長官の解任を始め、ゼレンスキー政権は1月下旬から大規模な綱紀粛正に乗り出している。依然として深刻な汚職レベルにあるものの、その対策が「摘発」という段階に進めば …

ウクライナの内なる戦い「汚職対策」の現在:限定的な反汚職政策から「摘発」へ もっと読む »

【解説コラム】3文書における経済安全保障(相良祥之)

相良祥之 主任研究員 2022年12月16日、岸田政権が閣議決定した3文書、なかでも国家安全保障戦略には新たに経済安全保障の観点が盛り込まれた。その主なポイントは以下のとおり。 1.経済安全保障を「我が国の平和と安全や経 …

【解説コラム】3文書における経済安全保障(相良祥之) もっと読む »

【解説コラム】防衛費増額に伴う税負担議論が説得力を持つためには(小木洋人)

小木洋人 主任研究員 2022年12月16日、戦略三文書が発表され、そのうちの一つ、防衛力整備計画は、2023年度から2027年度までの5年間の防衛力整備計画の実施に必要な経費水準を43兆円程度とし、2028年度以降も2 …

【解説コラム】防衛費増額に伴う税負担議論が説得力を持つためには(小木洋人) もっと読む »

【解説コラム】遠方阻止への戦略転換と変革途上の自衛隊:戦略三文書注目点の解説(小木洋人)

小木洋人 主任研究員 2022年12月16日、政府は、国家安全保障戦略、国家防衛戦略、防衛力整備計画のいわゆる戦略三文書を閣議決定し、防衛力の大幅強化に踏み切った。戦略文書では、中国を「最大の戦略的な挑戦」と位置付けて警 …

【解説コラム】遠方阻止への戦略転換と変革途上の自衛隊:戦略三文書注目点の解説(小木洋人) もっと読む »

【解説コラム】反撃能力保有の意義と課題(尾上定正)

尾上定正 シニアフェロー 国家安全保障戦略(新安保戦略)等において反撃能力の保有が決まった。1956 年2月 29 日に政府見解として、憲法上、「誘導弾等による攻撃を防御するのに、他に手段がないと認められる限り、誘導弾等 …

【解説コラム】反撃能力保有の意義と課題(尾上定正) もっと読む »

“認知戦”の時代に必要な若者の政治教育と政治リテラシー

(画像提供:Shutterstock) 米中対立やロシア・ウクライナ戦争など、国際社会の地政学・地経学的な緊迫が高まるとともに、SNSによる情報操作や偽情報など認知戦領域の脅威も増している。「中立性」の名の下、センシティ …

“認知戦”の時代に必要な若者の政治教育と政治リテラシー もっと読む »

対ロシア経済制裁が「勝利の方程式」になる条件(相良祥之)

(画像提供:Shutterstock) 経済制裁は相手国の政策変更に繋がってこそ意味を持つ。そのためには軍事力や外交交渉と組み合わせたメカニズム構築が重要だが、対ロシア経済制裁はここまで何が行われ、どのような効果が上がっ …

対ロシア経済制裁が「勝利の方程式」になる条件(相良祥之) もっと読む »

【福島原発事故11年】「小さな安心のために大きな安全を犠牲に」未知のリスクと向き合えない日本 第二次民間事故調・鈴木一人座長に聞く

本稿は、Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE/ヤフー株式会社にも掲載されています。 https://news.yahoo.co.jp/articles/decfef6bac3c1a3df707280b294 …

【福島原発事故11年】「小さな安心のために大きな安全を犠牲に」未知のリスクと向き合えない日本 第二次民間事故調・鈴木一人座長に聞く もっと読む »

【福島原発事故11年】「善玉」対「悪玉」の構図で描かない 民間事故調の検証「当事者はまだ伝えたいことがある」 船橋洋一API理事長に聞く

本稿は、Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE/ヤフー株式会社にも掲載されています。 https://news.yahoo.co.jp/articles/42fd6acab3958732ae05c19ed2b …

【福島原発事故11年】「善玉」対「悪玉」の構図で描かない 民間事故調の検証「当事者はまだ伝えたいことがある」 船橋洋一API理事長に聞く もっと読む »

「国民安全保障国家論――緊急提言「ポスト・コロナ時代」の国家構想(上)」

本稿は、新潮社Foresight(フォーサイト)にも掲載されています。 https://www.fsight.jp/articles/-/48272 「国民安全保障国家論――緊急提言「ポスト・コロナ時代」の国家構想(上) …

「国民安全保障国家論――緊急提言「ポスト・コロナ時代」の国家構想(上)」 もっと読む »