apinitiative_@_admin

公益財団法人国際文化会館と一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブの合併について

2022年2月28日 公益財団法人国際文化会館 一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ 2022年2月28日 公益財団法人国際文化会館 一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ 公益財団法人国際文化会館 …

公益財団法人国際文化会館と一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブの合併について もっと読む »

API国際政治論壇レビュー(2022年1月・2月合併号)

米中対立が熾烈化するなか、ポストコロナの世界秩序はどう展開していくのか。アメリカは何を考えているのか。中国は、どう動くのか。大きく変化する国際情勢の動向、なかでも刻々と変化する大国のパワーバランスについて、世界の論壇をフ …

API国際政治論壇レビュー(2022年1月・2月合併号) もっと読む »

『検証 安倍政権』の書評が日本経済新聞に掲載

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブの刊行物『検証 安倍政権』の書評が、2022年2月26日付の日本経済新聞に掲載されましたので、お知らせします。 記事へのリンクはこちら APIへのお問合せはこちら

政策起業家プラットフォーム(PEP)に関する記事がハフポストに掲載

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブの政策起業家プラットフォーム(PEP)プロジェクトに関する記事 「企業は社会課題を解決できるのか。ヤフーの宮澤弦さんが語る「起業家マインド」」 が、2022年2月24日付の …

政策起業家プラットフォーム(PEP)に関する記事がハフポストに掲載 もっと読む »

『検証 安倍政権』の一部抜粋(選挙・世論対策)が東洋経済オンラインに掲載

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブの刊行物『検証 安倍政権』「選挙・世論対策」章の一部抜粋「安倍政権を再検証「画期的だった若者重視」の裏側」 が、2022年2月24日付の東洋経済オンラインに掲載されましたの …

『検証 安倍政権』の一部抜粋(選挙・世論対策)が東洋経済オンラインに掲載 もっと読む »

日本と中国の不安定な関係を招いている根本構造(阿南友亮)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

日本と中国の不安定な関係を招いている根本構造(阿南友亮) もっと読む »

第9回API地経学オンラインサロン「ASEANと東南アジア諸国の地経学」(2月12日開催)の動画公開のお知らせ

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(所在地:東京都港区、理事長:船橋洋一、以下API)は、2022年2月12日に開催した第9回API地経学オンラインサロン「ASEANと東南アジア諸国の地経学」(ゲスト:大庭 …

第9回API地経学オンラインサロン「ASEANと東南アジア諸国の地経学」(2月12日開催)の動画公開のお知らせ もっと読む »

政策起業家プラットフォーム(PEP)に関する記事がハフポストに掲載

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブの政策起業家プラットフォーム(PEP)プロジェクトに関する記事 「脱炭素化社会の実現をIT企業から。自治体巻き込むヤフーの挑戦」 が、2022年2月16日付のハフポストに掲 …

政策起業家プラットフォーム(PEP)に関する記事がハフポストに掲載 もっと読む »

政策起業家プラットフォーム(PEP)がオンラインイベントを共催~「『政策起業家』出版記念対談イベント:クソくらえなルールを変えるのは、君だ。」

2022年2月10日(木)、一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)の政策起業家プラットフォーム(PEP)は、認定NPO法人フローレンスとの共催で、「『政策起業家』出版記念対談イベント:クソくらえなルー …

政策起業家プラットフォーム(PEP)がオンラインイベントを共催~「『政策起業家』出版記念対談イベント:クソくらえなルールを変えるのは、君だ。」 もっと読む »

第10回API地経学オンラインサロンを開催~「ロシア・ウクライナ問題を地経学で読み解く」

当日の録画動画は こちら 一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(所在地:東京都港区、理事長:船橋洋一、以下API)は、2022年3月12日(土)午前10時~11時に、第10回「API地経学オンラインサロン」を …

第10回API地経学オンラインサロンを開催~「ロシア・ウクライナ問題を地経学で読み解く」 もっと読む »

船橋洋一理事長の日本外交に関する論考が文藝春秋に掲載

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブの船橋洋一理事長の論考 「「日本外交のしたたかさ」とは何か?」 が、2022年2月10日発売の文藝春秋3月号に掲載されましたので、お知らせします。 書誌情報はこちら API …

船橋洋一理事長の日本外交に関する論考が文藝春秋に掲載 もっと読む »

『検証 安倍政権』執筆者が国際政治チャンネルに出演

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)の刊行物『検証 安倍政権 – 保守とリアリズムの政治』の執筆者が、国際政治チャンネル♯114「検証 安倍政権、展望 岸田政権」(2022年2月4日公開)に出演し、 …

『検証 安倍政権』執筆者が国際政治チャンネルに出演 もっと読む »

大矢伸上席研究員の「新しい資本主義」に関する論考が企業概況ニュースに掲載

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブの大矢伸上席研究員の論考 「「新しい資本主義」の実現のために」 が、2022年2月1日公開の企業概況ニュースに掲載されましたので、お知らせします。 論考へのリンクはこちら …

大矢伸上席研究員の「新しい資本主義」に関する論考が企業概況ニュースに掲載 もっと読む »

相良祥之主任研究員の新型コロナ対策に関する論考が「外交」Vol.71に掲載

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブの相良祥之主任研究員の論考 「コロナ危機における「移動の自由」と水際対策」 が、2022年1月31日公開の「外交」Vol.71に掲載されましたので、お知らせします。 論考へ …

相良祥之主任研究員の新型コロナ対策に関する論考が「外交」Vol.71に掲載 もっと読む »

相良祥之主任研究員の新型コロナ対策に関する論考が実業之日本フォーラムに掲載

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブの相良祥之主任研究員の論考 「コロナ対策としての「移動の自由」の制限」 が、2022年1月21日付の実業之日本フォーラムに掲載されましたので、お知らせします。 論考へのリン …

相良祥之主任研究員の新型コロナ対策に関する論考が実業之日本フォーラムに掲載 もっと読む »

第8回API地経学オンラインサロン「バイデン政権の1年で見えてきた地経学的課題」(1月8日開催)の動画公開のお知らせ

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(所在地:東京都港区、理事長:船橋洋一、以下API)は、2022年1月8日に開催した第8回API地経学オンラインサロン「バイデン政権の1年で見えてきた地経学的課題」(ゲスト …

第8回API地経学オンラインサロン「バイデン政権の1年で見えてきた地経学的課題」(1月8日開催)の動画公開のお知らせ もっと読む »

船橋洋一理事長の経済安全保障100社アンケートに関する論考が文藝春秋に掲載

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブの船橋洋一理事長の論考 「〝スマート経済安全保障〟が必要」 が、2022年1月10日発売の文藝春秋2月号に掲載されましたので、お知らせします。 書誌情報はこちら 経済安全保 …

船橋洋一理事長の経済安全保障100社アンケートに関する論考が文藝春秋に掲載 もっと読む »

第9回API地経学オンラインサロンを開催~「ASEANと東南アジア諸国の地経学」

当日の録画動画は こちら 一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(所在地:東京都港区、理事長:船橋洋一、以下API)は、2022年2月12日(土)午前10時~11時に、第9回「API地経学オンラインサロン」を開 …

第9回API地経学オンラインサロンを開催~「ASEANと東南アジア諸国の地経学」 もっと読む »

日本の主要100社が答えた「経済安全保障」の本音(富樫真理子)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

日本の主要100社が答えた「経済安全保障」の本音(富樫真理子) もっと読む »

経済安全保障に関する日本企業100社アンケートの結果を発表

画像提供:Getty Images 一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(所在地:東京都港区、理事長:船橋洋一、以下API)は、この度、APIの「国家経済安全保障戦略」プロジェクトの一環として、経済安全保障に …

経済安全保障に関する日本企業100社アンケートの結果を発表 もっと読む »

API国際政治論壇レビュー(2021年11月・12月合併号)

米中対立が熾烈化するなか、ポストコロナの世界秩序はどう展開していくのか。アメリカは何を考えているのか。中国は、どう動くのか。大きく変化する国際情勢の動向、なかでも刻々と変化する大国のパワーバランスについて、世界の論壇をフ …

API国際政治論壇レビュー(2021年11月・12月合併号) もっと読む »

第7回API地経学オンラインサロン「岸田政権の経済安全保障」(12月11日開催)の動画公開のお知らせ

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(所在地:東京都港区、理事長:船橋洋一、以下API)は、2021年12月11日に開催した第7回API地経学オンラインサロン「岸田政権の経済安全保障」(ゲスト:大野敬太郎衆議 …

第7回API地経学オンラインサロン「岸田政権の経済安全保障」(12月11日開催)の動画公開のお知らせ もっと読む »

船橋洋一理事長がCSISのポッドキャスト番組“The Asia Chessboard”に出演

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)の船橋洋一理事長は、米国のシンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)が配信するポッドキャスト番組“The Asia Chessboard”に出演しました。 ”Th …

船橋洋一理事長がCSISのポッドキャスト番組“The Asia Chessboard”に出演 もっと読む »

第8回API地経学オンラインサロンを開催~「バイデン政権の1年で見えてきた地経学的課題」

当日の録画動画は こちら 一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(所在地:東京都港区、理事長:船橋洋一、以下API)は、2022年1月8日(土)午前10時~11時に、第8回「API地経学オンラインサロン」を開催 …

第8回API地経学オンラインサロンを開催~「バイデン政権の1年で見えてきた地経学的課題」 もっと読む »

日本の経済安全保障「軍事領域」で押さえたい要点 (神保謙)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

日本の経済安全保障「軍事領域」で押さえたい要点 (神保謙) もっと読む »

第6回API地経学オンラインサロン「AUKUS時代のインド太平洋の地経学」(11月13日開催)の動画公開のお知らせ

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(所在地:東京都港区、理事長:船橋洋一、以下API)は、2021年11月13日に開催した第6回API地経学オンラインサロン「AUKUS時代のインド太平洋の地経学」(ゲスト: …

第6回API地経学オンラインサロン「AUKUS時代のインド太平洋の地経学」(11月13日開催)の動画公開のお知らせ もっと読む »

「脱炭素」太陽光・風力ではどうにもならない現実(三宅孝之)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

「脱炭素」太陽光・風力ではどうにもならない現実(三宅孝之) もっと読む »

第7回API地経学オンラインサロンを開催~「岸田政権の経済安全保障」

当日の録画動画は こちら 一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(所在地:東京都港区、理事長:船橋洋一、以下API)は、2021年12月11日(土)午前10時~11時に、第7回「API地経学オンラインサロン」を …

第7回API地経学オンラインサロンを開催~「岸田政権の経済安全保障」 もっと読む »

中国が「世界の脱炭素」の鍵を握る存在となった訳(柴田なるみ)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

中国が「世界の脱炭素」の鍵を握る存在となった訳(柴田なるみ) もっと読む »

アメリカの対中貿易政策に手詰まり感が見える訳(大矢伸)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

アメリカの対中貿易政策に手詰まり感が見える訳(大矢伸) もっと読む »

相良祥之主任研究員がニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演

10月28日(木)、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に、一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)の相良祥之主任研究員が、コメンテーターとして出演しました。テーマはASEAN、日本のワク …

相良祥之主任研究員がニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演 もっと読む »

API国際政治論壇レビュー(2021年9月・10月合併号)

米中対立が熾烈化するなか、ポストコロナの世界秩序はどう展開していくのか。アメリカは何を考えているのか。中国は、どう動くのか。大きく変化する国際情勢の動向、なかでも刻々と変化する大国のパワーバランスについて、世界の論壇をフ …

API国際政治論壇レビュー(2021年9月・10月合併号) もっと読む »

米英豪の新たな安全保障連携に見た可能性と矛盾(鶴岡路人)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

米英豪の新たな安全保障連携に見た可能性と矛盾(鶴岡路人) もっと読む »

コリン・パウエル元米国国務長官の逝去に関する日米軍人ステーツマン・フォーラム(MSF)共同議長の岩﨑茂元統合幕僚長とジョセフ・ダンフォード元米国統合参謀本部議長の弔意表明

日米軍人ステーツマン・フォーラム(MSF)の共同議長である岩﨑茂第4代統合幕僚長とジョセフ・ダンフォード第19代米国統合参謀本部議長は、コリン・パウエル元米国国務長官の逝去の報に接し、以下の声明(仮訳、原文はこちら)を発 …

コリン・パウエル元米国国務長官の逝去に関する日米軍人ステーツマン・フォーラム(MSF)共同議長の岩﨑茂元統合幕僚長とジョセフ・ダンフォード元米国統合参謀本部議長の弔意表明 もっと読む »

米英豪の協力強化が中国との新冷戦を象徴する訳(尾上定正)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

米英豪の協力強化が中国との新冷戦を象徴する訳(尾上定正) もっと読む »

第5回API地経学オンラインサロン「米軍撤退後のアフガニスタン」(10月9日開催)の動画公開のお知らせ

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(所在地:東京都港区、理事長:船橋洋一、以下API)は、2021年9月11日に開催した第5回API地経学オンラインサロン「米軍撤退後のアフガニスタン」(ゲスト:青木健太中東 …

第5回API地経学オンラインサロン「米軍撤退後のアフガニスタン」(10月9日開催)の動画公開のお知らせ もっと読む »

アフガン撤退後の日米同盟に求められる重い役割(神保謙)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

アフガン撤退後の日米同盟に求められる重い役割(神保謙) もっと読む »

第6回API地経学オンラインサロンを開催~「AUKUS時代のインド太平洋の地経学」

当日の録画動画は こちら 一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(所在地:東京都港区、理事長:船橋洋一、以下API)は、2021年11月13日(土)午前10時~11時に、第6回「API地経学オンラインサロン」を …

第6回API地経学オンラインサロンを開催~「AUKUS時代のインド太平洋の地経学」 もっと読む »

APIが『新型コロナ対応・民間臨時調査会 調査・検証報告書』の英訳版The Independent Investigation Commission on the Japanese Government’s Response to COVID-19: Report on Best Practices and Lessons LearnedをAmazon Kindleで販売開始

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(所在地:東京都港区、理事長:船橋洋一、以下API)は、日本の2020年前半の新型コロナウイルス感染症に対する対応を検証した『新型コロナ対応・民間臨時調査会(コロナ民間臨調 …

APIが『新型コロナ対応・民間臨時調査会 調査・検証報告書』の英訳版The Independent Investigation Commission on the Japanese Government’s Response to COVID-19: Report on Best Practices and Lessons LearnedをAmazon Kindleで販売開始 もっと読む »

政策起業家シンポジウム「PEPサミット2021~扉をひらこう」を開催

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(所在地:東京都港区、理事長:船橋洋一、以下API)は、2021年10月5日(火)14:00~17:00に、オンライン・シンポジウム「PEPサミット2021~扉をひらこう」 …

政策起業家シンポジウム「PEPサミット2021~扉をひらこう」を開催 もっと読む »

日本とイギリスが米軍アフガン撤退後に担う役割(細谷雄一)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

日本とイギリスが米軍アフガン撤退後に担う役割(細谷雄一) もっと読む »

中国がタリバンに見せる「友好姿勢」に透ける意図(山口信治)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

中国がタリバンに見せる「友好姿勢」に透ける意図(山口信治) もっと読む »

「国民安全保障国家論――緊急提言「ポスト・コロナ時代」の国家構想(上)

本稿は、新潮社Foresight(フォーサイト)にも掲載されています。 https://www.fsight.jp/articles/-/48272 「国民安全保障国家論――緊急提言「ポスト・コロナ時代」の国家構想(上) …

「国民安全保障国家論――緊急提言「ポスト・コロナ時代」の国家構想(上) もっと読む »

船橋洋一理事長が新潮社Foresightに「緊急提言:ポスト・コロナ時代の国家構想」を寄稿

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)の船橋洋一理事長の寄稿記事が、新潮社Foresight(フォーサイト)に掲載されました。船橋理事長は、「ポスト・コロナ時代の国家構想」として、「国民安全保障国家」 …

船橋洋一理事長が新潮社Foresightに「緊急提言:ポスト・コロナ時代の国家構想」を寄稿 もっと読む »

相良祥之主任研究員がニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演

9月23日(祝)、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に、一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)の相良祥之主任研究員が、コメンテーターとして出演しました。テーマは日本のコロナ対応、ワクチ …

相良祥之主任研究員がニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演 もっと読む »

日米はタリバン支配のアフガンにどう対峙するか(鈴木一人)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

日米はタリバン支配のアフガンにどう対峙するか(鈴木一人) もっと読む »

第4回API地経学オンラインサロン「日本のエネルギー戦略の地経学」(9月11日開催)の動画公開のお知らせ

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(所在地:東京都港区、理事長:船橋洋一、以下API)は、2021年9月11日に開催した第4回API地経学オンラインサロン「日本のエネルギー戦略の地経学」(ゲスト:岩瀬昇エネ …

第4回API地経学オンラインサロン「日本のエネルギー戦略の地経学」(9月11日開催)の動画公開のお知らせ もっと読む »

「米国のアフガン撤退」で日本に求められる役割(尾上定正)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

「米国のアフガン撤退」で日本に求められる役割(尾上定正) もっと読む »

第5回API地経学オンラインサロンを開催(10月9日)~「米軍撤退後のアフガニスタン」

当日の録画動画は こちら 一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(所在地:東京都港区、理事長:船橋洋一、以下API)は、2021年10月9日(土)午前10時~11時に、第5回「API地経学オンラインサロン」を開 …

第5回API地経学オンラインサロンを開催(10月9日)~「米軍撤退後のアフガニスタン」 もっと読む »

船橋理事長が「2021世界平和経済人会議ひろしま」で基調講演を実施

へいわ創造機構ひろしま(HOPe)が2021年9月8~9日に開催したオンライン会合「2021世界平和経済人会議ひろしま」にて、一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)の船橋洋一理事長が基調講演を行いまし …

船橋理事長が「2021世界平和経済人会議ひろしま」で基調講演を実施 もっと読む »

日本に眠る「現預金1056兆円」が宝の持ち腐れな訳(向山淳)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

日本に眠る「現預金1056兆円」が宝の持ち腐れな訳(向山淳) もっと読む »

ポストコロナ、日本の成長に絶対外せない命題(櫻井眞)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

ポストコロナ、日本の成長に絶対外せない命題(櫻井眞) もっと読む »

阿部圭史客員研究員が『感染症の国家戦略 日本の安全保障と危機管理』を出版

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(所在地:東京都港区、理事長:船橋洋一、以下API)の阿部圭史客員研究員が、2021年8月27日に、『感染症の国家戦略 日本の安全保障と危機管理』を東洋経済新報社より出版し …

阿部圭史客員研究員が『感染症の国家戦略 日本の安全保障と危機管理』を出版 もっと読む »

深まる米中対立「ウォール街」が直面している難題(大矢伸)

「API地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフ …

深まる米中対立「ウォール街」が直面している難題(大矢伸) もっと読む »