鈴木均」の検索結果

2023経済安全保障100社アンケート暫定速報(地経学ブリーフィング・鈴木均)

地経学ブリーフィング No.186 2024年1月10日 2023年 経済安全保障100社アンケート暫定速報 日本企業の日米回帰、求められる国内政治の安定、中国市場での反転攻勢 地経学研究所 主任客員研究員 鈴木 均 P …

2023経済安全保障100社アンケート暫定速報(地経学ブリーフィング・鈴木均) もっと読む »

【執筆】鈴木均主任客員研究員が執筆した「自動車の世界史」(中公新書)が刊行

地経学研究所(IOG)の鈴木均主任客員研究員が執筆した『自動車の世界史-T型フォードからEV、自動運転まで』(中公新書)が刊行されましたので、お知らせします。 書籍概要 19世紀末、欧州で誕生した自動車。1908年にT型 …

【執筆】鈴木均主任客員研究員が執筆した「自動車の世界史」(中公新書)が刊行 もっと読む »

EVはいつから経済安全保障関連規制案の対象分野に入ったのか(地経学ブリーフィング・鈴木均)

地経学ブリーフィング No.176 2023年10月18日 経済安全保障グループ 連載「EUの経済安全保障」 EV はいつから経済安全保障の対象分野に入ったのか ~EUの重要原材料規制案の事例~ 地経学研究所 主任客員研 …

EVはいつから経済安全保障関連規制案の対象分野に入ったのか(地経学ブリーフィング・鈴木均) もっと読む »

【執筆】鈴木均主任客員研究員が分担執筆した「現代ドイツ政治外交史」(ミネルヴァ書房)が刊行

(出典:ロイター/アフロ) 地経学研究所(IOG)の鈴木均主任客員研究員が、「第8章 統一ドイツの経済的・軍事的「離陸」と福祉国家の縮減――シュレーダー政権、1998~2005年」を分担執筆した『現代ドイツ政治外交史 占 …

【執筆】鈴木均主任客員研究員が分担執筆した「現代ドイツ政治外交史」(ミネルヴァ書房)が刊行 もっと読む »

日本はG7サミットで今まで何に貢献してきたか(鈴木均)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

日本はG7サミットで今まで何に貢献してきたか(鈴木均) もっと読む »

「日本の経済安全保障」主要100社が答えた実状(鈴木均)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

「日本の経済安全保障」主要100社が答えた実状(鈴木均) もっと読む »

ロシア進出の自動車会社が面した2大リスクの罠(鈴木均)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

ロシア進出の自動車会社が面した2大リスクの罠(鈴木均) もっと読む »

メディア掲載

※肩書きは掲載当時のものです。 2024年1月31日 財政から見た防衛政策 ―防衛力整備計画の実現可能性を問う(『外交』Vol.83 Jan./Feb. 2024) 小木洋人 主任研究員 2023年11月27日 新しい地 …

メディア掲載 もっと読む »

【特集】G7サミット

【特集】G7サミット 今年の5月、日本が議長国として広島G7サミットを主催した。ロシアのウクライナ侵略が続く中での、戦争の最中での異例のサミットとなり、自由民主主義諸国が結束してロシアへの制裁を維持し、ウクライナの支援を …

【特集】G7サミット もっと読む »

IOG地経学インサイト

IOG地経学インサイト 世界や日本が注目する地経学の動きについて、IOG地経学研究所のエキスパートがQ&A形式でわかりやすく解説します。 世界や日本が注目する地経学の動きについて、IOG地経学研究所のエキスパート …

IOG地経学インサイト もっと読む »

CPTPPプロジェクト

プロジェクト概要 環太平洋パートナーシップ(TPP)協定は、署名後の2017年に米国が離脱した後、日本を含む残された11ヵ国の間で、2018年3月に「環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)」 …

CPTPPプロジェクト もっと読む »

地経学研究所

地経学研究所 Institute of Geoeconomics (IOG) 民間・独立のシンクタンクという立場から、アジア・太平洋地域を代表する知の交流の拠点となり、グローバルでより高いインパクトを発することを目指して …

地経学研究所 もっと読む »