APIオフィス編集者

【メディア】相良祥之主任研究員によるデジタル人民元に関する論考が「アステイオン」98号に掲載

アジア・パシフィック・イニシアティブの相良祥之主任研究員の論考「デジタル人民元は国境を越えるのか」が、2023年5月19日発売の「アステイオン」98号(公益財団法人サントリー文化財団・アステイオン編集委員会)に掲載されま …

【メディア】相良祥之主任研究員によるデジタル人民元に関する論考が「アステイオン」98号に掲載 もっと読む »

中国の「人類運命共同体」構想にどう向き合うか(町田穂高)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

中国の「人類運命共同体」構想にどう向き合うか(町田穂高) もっと読む »

広島サミット影の主役・中国が描く国際秩序とは(江藤名保子)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

広島サミット影の主役・中国が描く国際秩序とは(江藤名保子) もっと読む »

API国際政治論壇レビュー(2023年第Ⅰ号)

米中対立が熾烈化するなか、ポストコロナの世界秩序はどう展開していくのか。アメリカは何を考えているのか。中国は、どう動くのか。大きく変化する国際情勢の動向、なかでも刻々と変化する大国のパワーバランスについて、世界の論壇をフ …

API国際政治論壇レビュー(2023年第Ⅰ号) もっと読む »

広島から核の国際秩序再構築に向けた行動を(尾上定正)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

広島から核の国際秩序再構築に向けた行動を(尾上定正) もっと読む »

日本は「G7の結束」を強化することができるのか(細谷雄一)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

日本は「G7の結束」を強化することができるのか(細谷雄一) もっと読む »

経済安全保障の共同防衛体としてのG7の重要性(鈴木一人)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

経済安全保障の共同防衛体としてのG7の重要性(鈴木一人) もっと読む »

ロシアによる核恫喝を拒否するために必要なこと(小木洋人)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

ロシアによる核恫喝を拒否するために必要なこと(小木洋人) もっと読む »

動揺する国際安全保障秩序の再建に必要なこと(尾上定正)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

動揺する国際安全保障秩序の再建に必要なこと(尾上定正) もっと読む »

ウクライナ戦争が今後の国際秩序を規定する理由(神保謙)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

ウクライナ戦争が今後の国際秩序を規定する理由(神保謙) もっと読む »

アメリカに「G7」の価値再発見が求められる理由(ディクソン藤田茉里奈)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

アメリカに「G7」の価値再発見が求められる理由(ディクソン藤田茉里奈) もっと読む »

EUの「ウクライナ支援」継続に立ちはだかる課題(石川雄介)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

EUの「ウクライナ支援」継続に立ちはだかる課題(石川雄介) もっと読む »

日本はG7サミットで今まで何に貢献してきたか(鈴木均)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

日本はG7サミットで今まで何に貢献してきたか(鈴木均) もっと読む »

日本はG7&グローバルサウスとどう向き合うか(細谷雄一)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

日本はG7&グローバルサウスとどう向き合うか(細谷雄一) もっと読む »

中国・習政権が袋小路に入りつつあるという懸念(柯隆)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

中国・習政権が袋小路に入りつつあるという懸念(柯隆) もっと読む »

米国の対中半導体輸出規制強化がもたらした衝撃(徳地立人)

「地経学ブリーフィング」とは、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを精査することを目指し、アジア・パシフィック …

米国の対中半導体輸出規制強化がもたらした衝撃(徳地立人) もっと読む »

ウクライナの内なる戦い「汚職対策」の現在:限定的な反汚職政策から「摘発」へ

(画像提供:Shutterstock) ティモシェンコ大統領府長官の解任を始め、ゼレンスキー政権は1月下旬から大規模な綱紀粛正に乗り出している。依然として深刻な汚職レベルにあるものの、その対策が「摘発」という段階に進めば …

ウクライナの内なる戦い「汚職対策」の現在:限定的な反汚職政策から「摘発」へ もっと読む »

鈴木一人地経学研究所長が英IISSの経済安全保障ウェビナーに登壇

アジア・パシフィック・イニシアティブから英国のシンクタンク・国際問題戦略研究所(IISS)に派遣されている富樫真理子・松本佐俣フェロー(IISSリサーチフェロー)がモデレータを務めるIISS主催ウェビナー「経済安全保障: …

鈴木一人地経学研究所長が英IISSの経済安全保障ウェビナーに登壇 もっと読む »