より良い提言を日本と世界のために発信する、独立系シンクタンク
MENU

船橋洋一(RJIF理事長)のダニエル・フランクリン氏との対談が文藝春秋七月号に掲載

日本再建イニシアティブ (RJIF) の船橋理事長が英「エコノミスト」誌編集局長のダニエル・フランクリン氏と行なった対談「2050年 驚異の技術が世界を変えるーAIが進化すればするほど、人間の価値が問われる」が、2017年6月10日発売の文藝春秋七月号に掲載されました。

対談では英「エコノミスト」編集部企画による著書『2050年の技術』(2017年4月、文藝春秋刊行)で予測されている各分野の世界を変えるテクノロジーをめぐり、軍事技術の進化がパワーバランスや国際秩序に及ぼす影響、再生可能エネルギーの技術改良と原発の今後、またロボットやAIが社会や人々に及ぼす影響などについて議論しています。

*文藝春秋七月号についてはこちら

印刷
よく見られている記事