より良い提言を日本と世界のために発信する、独立系シンクタンク
MENU

全米外交政策委員会(NCAFP)が開いた日米ロシア関係の国際会議に、加藤洋一研究主幹がパネリストとして参加

全米外交政策委員会パネル

米国のシンクタンク・全米外交政策委員会(NCAFP)が主催する日米ロシア関係についての国際会議が、3月14~15日にニューヨークで開かれ、加藤洋一研究主幹がパネリストとして招かれました。

加藤主幹は、「北東アジアにおける協調か競争か── 米日ロシアからの展望」と題された公開討論会にパネリストとして登壇したほか(上の写真)、この地域を主導していくのは安倍首相らが提唱する「インド太平洋」構想か、ロシアが掲げる「大ユーラシア」かについて議論するセッションでも、スピーカーとして見解を述べました。

* 会議についてのNCAFPのサイトはこちらです

印刷
よく見られている記事