第4回API地経学オンラインサロンを開催~「日本のエネルギー戦略の地経学」


当日の録画動画は こちら

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(所在地:東京都港区、理事長:船橋洋一、以下API)は、9月11日(土)午前10時~11時に、第4回「API地経学オンラインサロン」を開催いたします。詳細については、下記 をご参照ください。

今回のオンラインサロンでは、ゲストに岩瀬昇エネルギーアナリスト(略歴は下記6.ご参照)をお招きし、「日本のエネルギー戦略の地経学」と題して、API地経学研究所所長代行・上席研究員である鈴木一人東京大学公共政策大学院教授との対談をお送りいたします。是非ともご参加ください。

<API地経学オンラインサロンについて>

APIは、2020年4月にAPI地経学研究所(所長:村井純)を設立し、同年5月以来、「API地経学ブリーフィング」を毎週発行してまいりました。2021年5月22日には、一周年を記念し、世界的な地経学の名著であるWar by Other Meansの著者、Robert D. Blackwill氏を招へいし、「API地経学シンポジウム」をオンライン開催し、多くの方々にご視聴いただきました。そこで明らかにされた課題として、産官学の連携や、有事の際に素早く対処する平時からの備えの欠如があります。

そうした連携や備えを実現するためには、常日頃から現場の第一線で活躍する産官学の有識者が集い、自由闊達に意見交換をする場、地経学に関する政策コミュニティの形成が不可欠です。APIでは、そのコミュニティ形成の中心的役割を担うべく、API地経学研究所の活動を本格化させております。その活動の一環として、原則毎月第2土曜日午前10時~11時にて「API地経学オンラインサロン」を開催しております。

<お問い合せ先>
一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)
API地経学研究所

API地経学オンラインサロン

1.日時
2021年9月11日(土)10:00 ‒ 11:00(JST)(9:50開場)

2.開催方式
オンライン視聴(ZOOMウェビナー)

3.主催
一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)

4.テーマ
「日本のエネルギー戦略の地経学」

5.登壇者
ゲスト:岩瀬 昇 エネルギーアナリスト

ホスト:鈴木 一人 API地経学研究所所長代行・上席研究員 / 東京大学公共政策大学院教授

6.ゲスト(岩瀬昇氏)の略歴
1948年10月、埼玉県生まれ。エネルギーアナリスト。浦和高校、東京大学法学部卒業。71年三井物産入社、2002年三井石油開発に出向、10年常務執行役員、12年顧問。三井物産入社以来、香港、台北、2度のロンドン、ニューヨーク、テヘラン、バンコクの延べ21年間にわたる海外勤務を含め、一貫してエネルギー関連業務に従事。14年6月に三井石油開発退職後は、新興国・エネルギー関連の勉強会「金曜懇話会」代表世話人として、後進の育成、講演・執筆活動を続けており、「岩瀬昇のエネルギーブログ」で情報発信中。著書に『石油の「埋蔵量」は誰が決めるのか?  エネルギー情報学入門』(2014年9月、文春新書) 、『日本軍はなぜ満洲大油田を発見できなかったのか』 (2016年1月、同)、『原油暴落の謎を解く』(2016年6月、同)、最新刊に『超エネルギー地政学 アメリカ・ロシア・中東編』(2018年9月、エネルギーフォーラム)がある。

(おことわり)
API地経学オンラインサロンで表明された内容や意見は、講演者やパネリストの個人的見解であり、一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)やAPI地経学研究所等、スピーカーの所属する組織の公式見解を必ずしも示すものではないことをご留意ください。