研究者紹介 | 相良 祥之

相良 祥之

さがら よしゆき

主任研究員

    プロフィール

    慶應義塾大学法学部卒、東京大学公共政策大学院修了。国連・外務省・IT企業において国際政治や危機管理の実務を担当し2020年からAPI主任研究員。国連ではニューヨークとスーダンで勤務しアフガニスタンやコソヴォでも短期勤務。

    2005年から2011年まで株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)にて事業開発を担当。2012年から2013年まで国際協力機構(JICA)農村開発部にて中南米カリブ地域の農村・水産開発案件を担当。2013年から2015年まで国際移住機関(IOM)スーダンにて選挙支援担当官を務めたのち、事務所長室にて新規プロジェクト開発やドナーリレーションを担当。ダルフールなど紛争影響地域における平和構築・人道支援案件の立ち上げや実施に携わる。2015年から2018年まで国連事務局(NY本部)政務局 政策・調停部。ナイジェリア、イラク、アフガニスタン等における国連平和活動のベストプラクティス及び教訓の分析・検証・部内広報を担当。2018年から2020年まで外務省アジア大洋州局北東アジア第二課で北朝鮮に関する外交政策に携わる。佐藤栄作記念国連大学協賛財団第27回「佐藤栄作賞」優秀賞受賞。

    研究分野・主な関心領域

    国際公共政策 / 国際紛争 / 健康安全保障 / 経済安全保障 / 制裁 / サイバー / 新興技術。

    担当プロジェクト

    新型コロナ対応・民間臨時調査会
    日米軍人ステーツマンフォーラム(MSF)

    著作等

    「危機管理としての日本のコロナ対応」『アステイオン』第94号(2021年5月)
    『新型コロナ対応・民間臨時調査会(コロナ民間臨調)調査・検証報告書』(共著)(ディスカバー21、2020年10月)

    RECENT PUBLICATIONS & NEWS最新の論考、メディア掲載など