第1回API地経学オンラインサロンを開催~「中東を地経学で読み解く」


当日の録画動画は こちら

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(所在地:東京都港区、理事長:船橋洋一、以下API)は、2021年6月12日(土)午前10時~11時に、第1回「API地経学オンラインサロン」を開催いたします。詳細については、下記をご参照ください。
[本イベントは終了しました]
img

開催報告

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(所在地:東京都港区、理事長:船橋洋一、以下API)は、2021年6月12日(土)午前10時~11時に第1回目となる地経学オンラインサロンを開催しました。

今回はゲストに池内恵東京大学先端科学技術研究センター教授をお招きし、「中東を地経学で読み解く」と題して、API地経学研究所所長代行・上席研究員である鈴木一人東京大学公共政策大学院教授との対談をお送りいたしました。当日の主な議論を以下にご紹介します。事務局作成のサマリーですので、正確な内容についてはぜひ動画をご視聴ください。


国際情勢を含めた環境の変化がネタニヤフ政権の存在意義を喪失させた
開催時はイスラエル・ネタニヤフ政権の退陣が間近だったこともあり、前半はイスラエルの政権交代に話題が集中しました。中東に精通する両名の登壇者からは、ネタニヤフ政権は、政党が乱立しがちなイスラエルの政治制度の下で、連立政権を組む際の均衡点の設定をうまく行うことで存続してきたことが確認されました。一方で、この政権維持の方法はやがて限界を迎える性質のものであったことが池内氏から指摘されました。それに加えて、イスラエルの軍事的・治安的・技術的な優位が確立されたことによって、ネタニヤフ首相の手腕がなくともイスラエルの安全保障が確保されるようになったことが、近年の選挙を通じてネタニヤフ首相への信頼が薄まることにつながり、今回の政権交代に帰結したと解説されました。

イスラエルの政権交代は中東の主要な問題に影響を与える
イスラエルの政権交代が中東情勢に与える影響について、鈴木氏からはネタニヤフ首相が中東における紛争時に大きな役割を果たしてきたことが指摘され、ネタニヤフ首相の退陣は中東情勢全体に影響すると言及されました。池内氏からは特に対イラン政策について、今までのイランへの最大限の圧力政策をネタニヤフが続行すれば戦争になりかねないという認識が、アメリカの政権を含めた人々の間に広がってきたことが指摘され、今回のネタニヤフ政権の退陣は最大限の圧力政策をネタニヤフ政権と共に葬る意味があるとの見解が示されました。

さらに、ネタニヤフ首相の下でイランに圧力を加えるために形成されたイスラエルとアラブ諸国との友好関係は、イランに対する最大限の圧力政策の変更とともに行き詰まるのではないかという鈴木氏との問いかけに対し、池内氏からは、イスラエルとアラブ諸国の関係を通常化したアブラハム合意は継続し、特にイスラエルとUAE間の関係をはじめとして、二国間・三国間の枠組みとして使われ続けるという見方が示されました。

アブラハム合意は日本や中国などのアジア諸国を見据えている
両登壇者はアブラハム合意によって、イスラエルと発展著しいUAEをはじめとするアラブ諸国が密接になったことが、日本や中国をはじめとしたアジア諸国によるイスラエルと産油国への同時関与を引き出しているという見解で一致しました。池内氏からは、イスラエル・UAEはアブラハム合意が自国とアジア諸国を近づけるツールになることを理解した上で、アブラハム合意を利用しているという指摘もありました。さらに、中東諸国は中国を脅威ではなくチャンスと捉えており、中国をはじめとするアジアの成長に関与していこうという動きがみられると述べた上で、今後中国と中東諸国の接近が進むことで、日本やアメリカにとって不都合な状況が生まれる可能性があるとの見通しが示されました。

当日はこの他にイラン核合意に関する解説・中国=イラン関係の強化が中国=イスラエル関係や中国=湾岸諸国関係に与える影響・今後のイスラエルの行動と米国の対中政策の相互作用についても議論がなされました。

当日の模様は以下よりご覧になれます。

<お問い合せ先>
一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)
API地経学研究所

 

 

API地経学オンラインサロン

1.日時
2021年6月12日(土)10:00 ‒ 11:00(JST)(9:50開場)

2.開催方式
オンライン視聴(ZOOMウェビナー)

3.主催
一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)

4.テーマ
「中東を地経学で読み解く」

5.登壇者
ゲスト:池内 恵 東京大学先端科学技術研究センター教授
ホスト:鈴木 一人 API地経学研究所所長代行・上席研究員 / 東京大学公共政策大学院教授

6.ゲスト(池内恵氏)の略歴
1973年東京生まれ。1996年東京大学文学部イスラム学科卒業、2001年に東京大学大学院総合文化研究科博士課程を単位取得退学し、アジア経済研究所に入所。国際日本文化研究センター助教授・准教授を経て、2008年10月より東京大学先端科学技術研究センター准教授(イスラム政治思想分野)、2018年10月より東京大学先端科学技術研究センター教授(グローバルセキュリティ・宗教分野)。ケンブリッジ大学客員研究員(2010年)、ウッドロー・ウィルソン国際学術センター客員研究員(2009年)、アレクサンドリア大学客員教授(2008年)等を歴任した。専攻はイスラーム政治思想史、中東地域研究。2016年に第12回中曽根康弘賞を受賞。

(おことわり)
API地経学オンラインサロンで表明された内容や意見は、講演者やパネリストの個人的見解であり、一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)やAPI地経学研究所等、スピーカーの所属する組織の公式見解を必ずしも示すものではないことをご留意ください。