より良い提言を日本と世界のために発信する、独立系シンクタンク
MENU

米国のシンクタンクCNAS及びドイツのシンクタンクMERICSとTechnology Alliance Projectで協力

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(所在地:東京都港区、理事長:船橋洋一、以下API)は、今般、米国のシンクタンク「新アメリカ安全保障センター(CNAS)」及びドイツのシンクタンク「メルカトル中国研究所(MERICS)」との間で、CNASの推進する「Technology Alliance Project」に全面的に協力することで合意しました。

Technology Alliance Projectとは、AIや量子コンピューター、バイオテクノロジー、5G/6Gといった新たなテクノロジーが各国間のパワーゲームのツールとなりつつある中で、自由で民主的な体制を守るために、同様の考え方を共有する国の間で、技術をめぐる政策面での広範な国際協力・協調を目指すものです。

CNASのTechnology Alliance Projectの詳細:

https://www.cnas.org/research/technology-and-national-security/technology-alliance

CNASとの協力に関する共同プレスリリース

原文

米国・ワシントン
2020年4月29日
CNASテクノロジーズ・アライアンス・プロジェクトにおけるAPI及びMERICSとのパートナーシップを発表

新アメリカ安全保障センター(The Center for a New American Security、CNAS)は、テクノロジーズ・アライアンス・プロジェクトに関して、アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)とメルカトル中国研究所(MERICS)とのパートナーシップを発表した。テクノロジーズ・アライアンス・プロジェクトは、東京を拠点とするAPIとベルリンを本拠とするMERICSと共に、公的部門、学界、産業界も一緒となって、技術政策のための新たな国際的な調整組織―テクノロジー・アライアンス―の枠組みを検討する。人口知能(AI)、バイオテクノロジー、次世代電気通信といった新興技術でリードする国が今後数十年にわたり力を持つことになる。世界の主要民主主義国は、この技術競争の先陣とならねばならない。

APIの船橋洋一理事長は以下のように述べた。

「技術が我々の安全保障、経済、そして生活様式を規定する。技術は、不可欠で、進化し、複雑で、多面的である。いかなる国も、超大国であっても、一か国のみで技術を開発し、投資し、応用し、規制し、管理することはできない。有志国による協力と協調が不可欠である。それゆえにテクノロジー・アライアンス・プロジェクトが大変価値あるものとなる。私はCNAS、MERICSという尊敬する機関と共に働けることを喜んでいる。」

MERICSのミッコ・ホータリ専務理事は以下のようにコメントした。

「民主主義の価値を守りつつ、中国との協力と競争を管理し自らの技術に関する競争力と安全保障を維持するために、欧州は自由で民主的な同志国との積極的で前向きな調整に投資することが重要である。MERICSはこの野心的な協働に参画することに興奮している。」

イノベーションの能力やどのように技術が使われるかという規範を設定する力を含め、技術こそが大国間競争の中心にある。新興技術における主導権を確保し、民主的機構、規範、価値を守るために、テクノロジー・アライアンス・プロジェクトは技術政策を調整する組織の創設を提案する。

プロジェクトは、政府、産業界、研究機関から専門家が集まり、組織の構成、調整メカニズム、調整組織への参加メンバー、傾注する新興技術分野を議論する。プロジェクトは、参加政府の高官のためのワーキングペーパーと、世界の主要な自由民主主義国の間での技術政策調整のための青写真を描く最終公表報告書を作成する。

プロジェクトはシュミット・フューチャーズ(Schmidt Futures)の支援により可能となった。

新アメリカ安全保障センター(CNAS)は、強固で現実的で原則に基づく安全保障及び国防政策を研究する独立した党派に属さない研究機関。CNASは現在そして将来の安全保障のリーダーへの情報提供と準備の支援を主導する。

アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)は、東京を拠点とする独立したシンクタンク。APIのミッションは、自由主義、イノベーション、政策起業を促進することである。

メルカトル中国研究所(MERICS)は、ベルリンを拠点とする独立したシンクタンクで、現代中国に関する政策志向の研究で欧州を代表する。MERICSは、最近、中国の技術とデジタル政策、中国のデジタル・プラットフォーム経済と北京のデジタル貿易政策に関する先駆的分析を行うなど、「デジタル中国」の興隆とその欧州及び間大西洋関係への影響に関して多くの研究実績を有する。

シュミット・フューチャーズは、Eric SchmidtおよびWendy Schmidtにより創設された、他者に尽くす人々を支援する慈善活動である。

 

<問い合わせ先>
一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ 企画渉外部

E-mail: back@apinitiative.org    


印刷
よく見られている記事