記者会見を行いました


2011年11月15日(火)日本記者クラブにて記者会見を行いました。

記者会見の模様
記者会見の模様
登壇者(右)北澤委員長 (左)船橋理事長
登壇者(右)北澤委員長 (左)船橋理事長 写真提供:日本記者クラブ

配布資料

  1. 発表資料
  2. 3つの福島事故検証プロジェクトの比較
  3. 有識者委員会委員名簿

会見メモ(作成日本記者クラブ)

シリーズ企画「3.11大震災」

北澤宏一 福島原発事故独立検証委員会委員長
Koichi KITAZAWA, Chairman, Independent Investigation Commission of the Fukushima Nuclear Accident

船橋洋一 日本再建イニシアティブ財団理事長
Yoichi FUNABASHI, President,Rebuild Japan Initiative Foundation

政府や国会の事故調査委とは異なる民間の立場で福島第一原発事故の調査・検証を行い、教訓と提言を日本と世界に向けて発表することをめざす福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)が記者会見で、目的と調査の内容を話した。

民間事故調は日本再建イニシアティブ財団が設立し、北澤宏一・前科学技術振興機構理事長が委員長とする専門家7人で構成。研究者やフリージャーナリストら約30人のワーキンググループが関係者のインタビューを始めている。2012年3月11日までに報告書を刊行し、12年夏に英語版報告を発表する予定。
事故の経過、なぜ起こったのか、背景や制度、組織を検証し、だれがどの時点でどういう判断を行ったのかディテイルを調べる、という。東京電力にも調査への協力を求めている。また、一般からの情報提供を受け付けるサイトも作り、住民や関係者の証言を集める。

司会 日本記者クラブ企画委員 川村晃司(テレビ朝日)

 

日本記者クラブのページ
http://www.jnpc.or.jp/activities/news/report/2011/11/r00023524/



映像提供:日本記者クラブ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です