より良い提言を日本と世界のために発信する、独立系シンクタンク
MENU
財団について

API松本佐俣フェロー第2期生 募集要項

趣旨・目的

「自由で、開かれ、個人のイニシアティブを大切にする社会と世界を目指す」というAPIの理念に基づき、外交・安全保障・地政学・地経学を専門とする日本人若手中堅研究者を、APIおよび英IISSで実務経験を積むことにより、グローバルに活躍でき、今後の我が国の外交安保政策をリードする、次世代リーダーの育成を目指すもの

募集人数

1名

IISSでの

業務内容

Research Fellow for Japanese Security and Defense Policyとして、IISS Japan ChairおよびIISS Defense and Military Analysis Programmeの推進(※本人の適性およびIISSとの協議により、内容については調整の可能性があります。)

応募資格

・原則として40歳以下の日本国籍保持者

・原則として以下を有す者

*「博士号」または「修士号+博士号に相当する実務経験」

*外交、安全保障、地政学または地経学にかかる一定の知見・経験

*十分な英語力(筆記力+ウェビナーで質疑応答ができる会話力)

*プロジェクト・マネージメントの経験(あれば望ましい)

実施期間

・APIでの勤務:2021年7月~12月、2024年1~12月

・IISS派遣:2022年1月~2023年12月(2年間)

IISS派遣中は、1年ごとに、APIに「活動報告書」を提出。また、APIの求めに応じ「API地経学ブリーフィング」の執筆も行う。

報酬

・API勤務期間:APIの規定に基づく

・IISS派遣期間:IISSの規定に基づく

勤務地

・API研究員期間:原則として在宅リモート(必要な時のみオフィス出勤)

・IISS派遣期間:英ロンドン(IISS本部、在宅リモートの可能性あり)

選出プロセス

2021年2月28日:応募書類受付締切

2021年3月中旬頃まで:一次選考(書類選考)

2021年3~4月:二次選考(オンライン面接、日本語+英語)

応募方法

以下の文書をPDF形式にて【】までご送付ください(原則としてフリーメール以外から送信願います)。ご応募いただいた場合には、財団の プライバシーポリシー に同意したことになります。二次選考のご案内は、一次選考を通過した方のみに行います。

  • ①「履歴書(日・英)」
  • ②「志望理由(自らのキャリアプランとその中における本プログラム参加の意義を含む)(日・英、A4で1枚ずつ)」
  • ③「これまでに執筆した論文・論考の例(日・英)」

 

印刷