地経学研究所(経済安保グループ)

本ページでは、「経済安全保障」分野において、アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)の研究員が執筆した論考や出版物の一部をご紹介します。

国家経済安全保障

(画像提供:Shutterstock)

PIRKUP
戦略ペーパー『通商戦略の再構築』

本戦略ペーパーは、APIが主催した「CPTPPプロジェクト」の成果をまとめたものです。国際通商秩序が揺らぐ一方、英国・中国・台湾が「環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)」への新規加入申請を行う中で、TPPの戦略的意義を再確認し、日本が今後採るべき通商戦略を提言したものです。

宗像直子東京大学公共政策大学院教授を座長とした本プロジェクトは、2022年1月から4月にかけて研究会を開催し、米国と中国の内政・外交、国際経済法、国際政治経済、安全保障、日本の対中外交・対中ビジネスといった多角的な視点から議論を行ったうえで、通商秩序の再構築に向けて日本が今後採るべき戦略の5つの要素と、その実施を支える国内政策の課題を、戦略ペーパーの形で整理しました。

日本は何のためにCPTPPを実現させたのか。通商秩序の再構築に向けて日本はどう行動するべきなのか。本戦略ペーパーでは、TPPの二つの戦略的意義を再確認した上で、①法の支配を広げる仲間を増やす、②CPTPPへの新規加入については、英国の加入を契機に示された基準を先例として確立・維持する、③同志国と連携し経済的威圧に対抗する枠組みを作る、③CPTPPとEUの連携を強化する、⑤米国のアジアにおける経済的な関与の維持強化に粘り強く創造的に取り組むこと、を提言しています。

(著者:宗像直子、発行者:一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ、初版:2022年6月13日)

各章ごとのダウンロードはこちらから(画像をクリック)

全文PDFはこちらから

 

画像提供: Shutterstock (エクゼクティブ・サマリー)、Aflo(はじめに、第1章、第2章)、Getty Images(第3章)、首相官邸ホームページ(第4章)

PICKUP
API地経学ブリーフィング 経済安全保障特集

APIでは、日本の経済安全保障戦略を検討するにあたり、各研究員の論考をAPI地経学ブリーフィングにて順次公開していきます。公開済みの論考については、以下をご参照ください。

2021.11.22
日本の「経済安全保障」絶対押さえておきたい論点 ― 国家安全保障戦略と目的は同じでも手段は異なる(鈴木一人 API上席研究員)
2021.11.29
日本の経済安全保障に多層的視点が欠かせない訳 ― 国家安全保障の中核としての国際戦略を推進せよ(細谷雄一 API常務理事・研究主幹)
2021.12.06
日本の経済安全保障「軍事領域」で押さえたい要点 ― 新興技術との繋がりに不可欠な保全・育成・連携 (神保謙 API MSFエグゼクティブ・ディレクター)
2021.12.13
日本のエネルギー安全保障に絶対欠かせない論点 ― 脱炭素と安定供給を軸に多様な選択肢が必要だ(柴田なるみ API研究員)
2021.12.20
日本人の健康を守り切る為に求めたい6つの提言 ― 健康危機領域の経済安全保障に必要なことは何か (相良祥之 API主任研究員)
2021.12.24
日本の主要100社が答えた「経済安全保障」の本音 ― アンケートで見えた政府に求められる2つの均衡 (富樫真理子 API松本佐俣フェロー)
2021.12.27
日本のサイバー防衛が心もとなさすぎる3つの訳 ― 経済安全保障の核となる領域の体制整備を急げ (村井純 APIシニアフェロー・API地経学研究所所長)
2022.01.10
日本の経済安全保障「金融」巡る重要な3つの観点 ― インフラ金融、通貨、金融制裁をめぐる攻防(大矢伸 API上席研究員)
2022.01.17
日本の経済安全保障「防衛産業」の議論が欠ける訳 ― 新興分野と一体で強い安全保障生産・技術基盤を(尾上定正 APIシニアフェロー)

PICKUP
経済安全保障日本企業100社アンケート

APIは、2021年11~12月にかけ、日本の経済安全保障を考えるうえで重要な位置を占め、またその影響を敏感に受けているとAPIが考える日本の企業100社(研究機関等を含む)に対し、経済安全保障に関する課題やリスク、さらには政府への期待や要望などのテーマを中心に、アンケート形式での調査を行いました。調査結果(2021年12月24日発表)は、こちらをご覧ください。

2022年3月、国際商事研究学会主催・国際取引法学会国際契約法制部会共催の会合にて、経済安全保障日本企業100社アンケートを題材とした講演を行いました。概要はこちらをご覧ください。
 
 

最新の論考・イベントはこちら