より良い提言を日本と世界のために発信する、独立系シンクタンク
MENU
API 地経学ブリーフィング

API地経学ブリーフィングとは

米中貿易戦争により幕を開けた、国家が地政学的な目的のために経済を手段として使う「地経学」の時代。コロナウイルス危機で先が見えない霧の中にいる今、世界を動かす、技術とイノベーション、グローバルサプライチェーン、国際秩序を構築するためのルール・規範・標準、気候変動の「4つのメガ地経学」は、今後どうなっていくのか。
『API地経学ブリーフィング』 は、独立したグローバルなシンクタンク「アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)」の専門家が、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し、日本の国益と戦略にとっての意味合いを、順次配信していくものです(編集長:細谷雄一 研究主幹 兼 慶應義塾大学法学部教授)。

img


アメリカの中国への相互主義に危うさも潜む訳(大矢伸)

中国が「原子力はクリーン」と推進しまくる事情(柴田なるみ)

中国「紆余曲折の改革」がまだ途絶えていない訳(徳地立人)

中国経済の近未来を決定づける「双循環」の行方(大矢伸)

インターネット「海底の動脈」の知られざる全容(村井純)

日本がこの先に陥ってはならない「日米中の罠」(船橋洋一)

アメリカのアジア政策が85年前を想起させる訳(細谷雄一)

日本が中国の影響工作に警戒せねばならない訳(大矢伸)

アメリカの「中国人留学生外し」が示す深い確執(寺岡亜由美)

日本の原発の「是非」今こそ議論の必要がある訳(柴田なるみ)

コロナに勝つ国と負ける国を分ける決定的要因(向山淳)

台頭する中国に日本と英国の連携が鍵となる訳(越野結花)

コロナで閉じた国境の「再開放」望ましい処方箋(相良祥之)

世界が中国の「経済的恫喝」に屈しない為の知恵(大矢伸)

香港でなお続く騒乱が訴えるアジアに迫る危機(宮川眞喜雄)

ポストコロナ「日本の対中投資戦略を再考せよ」(徳地立人)

コロナ後の日本「東京一極集中」が抱えるリスク(磯部晃一)

ポストコロナ「日米同盟に見えた大きな課題」(尾上定正)

「米中競争の軸が『経済から政治へ』と移った理由」(加藤洋一)

ポストコロナ「インターネットがカギ握る理由」(村井純)

ポストコロナ「日本は必死で学ぶ必要がある」(船橋洋一・細谷雄一)

ポストコロナ「世界経済は根本的に変質する」(船橋洋一・細谷雄一)

「ポストコロナ」米中いずれも勝者になれない訳(船橋洋一・細谷雄一)