研究者紹介 | 釆野 陽祐

釆野 陽祐

うねの ようすけ

研究員

    プロフィール

    慶應義塾大学理工学部卒業。2010年に東京海上日動火災保険株式会社に入社。国内営業部門にて保険営業を通じ、地域医療機関の災害時BCP(事業継続計画)策定、大規模災害時のDMAT(災害派遣医療チーム)連携による医療体制構築、ドクターヘリの安定稼働による広域救急搬送体制構築、自動車メーカーのサプライチェーンリスクマネジメントの支援等に従事。持株会社兼務の法務コンプライアンス部門において、株主総会および取締役会の事務局としてコーポレート・ガバナンスやSR(Shareholder Relations)、東証対応窓口として重要情報の適時開示や社内インサイダー取引防止等の業務に従事。2017年から2019年まで官民人事交流制度により国土交通省に出向し、総合政策局環境政策課において自然環境が有する多様な機能を活かしたサステナブルなグリーンインフラの推進等に従事。2022年4月よりAPI研究員。

    研究分野・主な関心領域

    有事の危機対応・事業継続 / 経済安全保障 / サステナビリティ(ESGおよびSDGs) / 官民連携 / グリーンインフラ

    担当プロジェクト

    API地経学研究所