研究者紹介 | 細谷 雄一

細谷 雄一

ほそや ゆういち

国際文化会館理事
アジア・パシフィック・イニシアティブ研究主幹
慶應義塾大学法学部教授
ケンブリッジ大学ダウニング・カレッジ訪問研究員

プロフィール

慶應義塾大学法学部教授。立教大学法学部卒業、英国バーミンガム大学大学院国際学研究科修了(MIS)、慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程および博士課程修了。博士(法学)。北海道大学法学部専任講師、敬愛大学国際学部専任講師、プリンストン大学客員研究員(フルブライト・フェロー)、パリ政治学院客員教授(ジャパン・チェア)などを経て現職。安倍晋三政権において、「安全保障と防衛力に関する懇談会」委員(2013年)、および「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」委員(2013年-14年)、国家安全保障局顧問会議顧問(2014年-16年)を歴任。自民党「歴史を学び、未来を考える本部」顧問(2015年-18)。

研究分野・主な関心領域

国際政治学 / 国際政治史 / イギリス外交史 / 日本の安全保障政策

著作等

『戦後国際秩序とイギリス外交 ―戦後ヨーロッパの形成、1945~51年』(創文社、サントリー学芸賞、2001年)
『外交による平和 ―アンソニー・イーデンと二十世紀の国際政治』(有斐閣、櫻田会政治研究奨励賞、2005年)
『外交 ―多文明時代の対話と交渉』(有斐閣、2007年)
『倫理的な戦争 -トニー・ブレアの栄光と挫折』(慶應義塾大学出版会、読売・吉野作造賞、2009年)
『国際秩序 ―18世紀ヨーロッパから21世紀アジアへ』(中公新書、2012年)
『〔戦後史の解放Ⅰ〕歴史認識とは何か ―日露戦争からアジア太平洋戦争へ』(新潮選書、2015年)
『安保論争』(ちくま新書、2016年)
『迷走するイギリス』(慶應義塾大学出版会、2016年)
『〔戦後史の解放Ⅱ〕自主独立とは何か』(新潮選書、2018年)
『軍事と政治 日本の選択-歴史と世界の視座から』(編著、文春新書、2019年)

RECENT PUBLICATIONS & NEWS最新の論考、メディア掲載など