より良い提言を日本と世界のために発信する、独立系シンクタンク
MENU
財団について

主要職員

事務局部門

仲川 聡

仲川 聡(なかがわ さとし) 
事務局長

慶應義塾大学卒、英国ケンブリッジ大学修了。日本輸出入銀行、国際協力銀行(JBIC)、財務省出向、ASEAN+3マクロ経済リサーチオフィス(AMRO)、株式会社日本格付研究所(JCR)・アジア格付機関連合(ACRAA)会長を経て、2020年1月にAPI事務局長就任。アジア新興国のソブリンリスク分析の知見や国際的な組織運営の経験が豊富なほか、アジアに広範な人的ネットワークを有す。

<問い合わせ先>
一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ 企画渉外部
E-mail: back@apinitiative.org


 

研究部門

北澤桂

北澤 桂(きたざわ けい) 
APiFエグゼクティブバイスプレジデント
兼 研究主幹

東京大学文学部卒業。同大学大学院新領域創成科学研究科修了。ロンドン大学高等空間解析センターPhD研究員として欧州を中心にGISコンサルティングに従事。London School of Economics and Political Science や民間シンクタンクにて都市政策に関するリサーチ・コンサルティングを担当。当財団の最初のプロジェクト、福島原発事 故独立検証委員会(民間事故調)のスタッフディレクターを務めた。

担当プロジェクト:「福島原発事故検証委員会」「失われた20年の検証」「日本再建に向けた危機管理」


加藤洋一

加藤 洋一(かとう よういち) 
研究主幹
米戦略国際問題研究所(CSIS)客員研究員

東京外国語大学卒業後、朝日新聞入社。政治部次長、外報部次長などを経て、アメリカ総局長。帰国後、2015年12月まで、外交・安全保障担当の編集委員を務めた。この間、米タフツ大学フレッチャー法律・外交大学院で修士課程修了(国際関係)。米国防大学国家戦略研究所(NDU/INSS)、米戦略国際問題研究所(CSIS)、北京大学国際関係学院で、それぞれ客員研究員。2010-11年、学習院大学で非常勤講師(国家安全保障戦略論)。共著に『アジア回帰するアメリカ-外交安全保障政策の検証』 (NTT出版, 2013年)など。

担当プロジェクト:「日米戦略ビジョンプログラム」「日米軍人ステーツマンフォーラム」


Soble

Jonathan Soble(ジョナサン・ソーブル)
客員研究員

1973年カナダ生まれ。高校・大学時代に日本へ交換留学し(計2年)、1996年にトロント大学を卒業。JETプログラム(外国語青年招致事業)に参加して1996~1999年に高知県庁で働く。2001年、米コロンビア大学ジャーナリズム大学院を修了し、2002年にダウ・ジョーンズ経済通信(東京支局)記者。2004年からはロイター通信(東京支局)。2007年にフィナンシャル・タイムズ(東京支局)へ入社し、2013年からフィナンシャル・タイムズ東京支局長。2014~2017年12月までニュー・ヨーク・タイムズ(東京支局)記者を経て、2018年1月から現職。

担当プロジェクト:「ガラパゴス・クール」「世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター」


大矢伸

大矢 伸(おおや しん) 
上席研究員

東北大学法学部卒業後、1991年日本輸出入銀行(現在の株式会社国際協力銀行JBIC)入行。ボストン大学法学修士、ジョージ・ワシントン大学金融修士。JBICではアジア部・課長、石油天然ガス部・課長、ニューデリー首席駐在員、業務企画室審議役等を歴任し、2018年8月より同行調査担当特命駐在員。

担当プロジェクト:「日米戦略ビジョンプログラム」「日米軍人ステーツマンフォーラム」


越野 結花

越野 結花(こしの ゆか) 
英国際問題戦略研究所(IISS)リサーチフェロー(API松本・佐俣フェロー)

米国ロサンゼルス生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒、ジョージタウン大学外交政策学院アジア研究科修了。2019年11月まで米国首都ワシントンDCを拠点に、防衛・宇宙分野のコンサルティング会社Avascentのアナリストを経て、 米戦略国際問題研究所(CSIS)日本部の研究員として、日米関係やインド太平洋地域におけるデジタル空間の安全保障等をテーマに研究。2020年1月より、英国ロンドンの英国際問題戦略研究所(IISS)にて、日本プログラムの立ち上げや日本の防衛・安全保障政策の分析・発信を行う。

向山 淳

向山 淳(むこうやま じゅん) 
主任研究員

慶應義塾大学法学部政治学科卒業、ハーバード大学公共政策大学院修了。2006年、三菱商事株式会社へ入社し、主に金融分野で海外政府の民営化資産を対象とした買収や年金運用に携わる。2013年から2015年までカナダ・オンタリオ州公務員年金基金に出向。2016年にボストンでエズラ・ヴォーゲル・ハーバード大学名誉教授の研究助手を務める。新渡戸リーダーシッププログラム・フェロー。2019年9月よりAPイニシアティブ主任研究員。

担当プロジェクト:「第4次産業革命の社会実装力」「政策起業家プラットフォーム」


Adam Barton

Adam Barton(アダム・バートン) 
客員研究員

ジョージタウン大学にて学士取得。教育研究者としてグローバル教育革新、特に参加型デザイン及び社会変化のダイナミクスを研究。
直近ではメリーランド州コロンビアにて非営利教育団体向けグローバルシチズンシッププログラミングを企画運営。ブルッキングス研究所ユニバーサル教育センターでは若手研究員として教育革新の可能性に関する「Leapfrogging Inequality」を共著。
ブラジル、ボリビア、ワシントンDCにて英語教育者、民族学研究者、言語プログラムディレクターとして活動した経験も持つ。
2019-2020ヘンリー・ルース財団奨学生としてAPIに参加。

担当プロジェクト:「第4次産業革命の社会実装力」


瀬戸崇志

瀬戸 崇志(せと たかし) 
研究員

慶應義塾大学法学部政治学科卒業、東京大学公共政策大学院修了(公共政策学修士)、専攻は国際安全保障。現在のリサーチインタレストには、政軍関係、技術と安全保障/サイバーセキュリティー、欧州安全保障とアジア太平洋の安全保障の関係性など。2017年秋から2018年春まで日本国際問題研究所(JIIA)若手客員研究員(Young Junior Fellow)として勤務。近時の業績として、「AIの軍事利用と海外事情」、ならびに「AIと治安」(江間有紗と共著)、『科学技術に関する調査プロジェクト:人工知能・ロボットと労働・雇用をめぐる視点』 (国立国会図書館調査及び立法考査局 2018年3月)がある。

担当プロジェクト:「福島原発事故10年後の検証」 「21世紀日本の政策起業力」「政軍関係」


Patrick Madaj

Patrick Madaj(パトリック・マダイ) 
リサーチ・アシスタント

米国のオクラホマ大学で日本語と国際的な安全保障を専攻して卒業後、ワシントンDCのジョージタウン大学ウォルシュ外交政策大学院で修士課程(アジア研究)を2019年春に修了した。
これまでに、米連邦議会の下院や、米戦略国際問題研究所(CSIS)でインターンを務めた経験がある。
AP Initiativeでは船橋理事長のリサーチ・アシスタントと下記プロジェクトを担当。

担当プロジェクト:「自由で開かれた国際秩序(LIO)」

印刷